倫理感

投稿日:
FineGraphicsさんによる写真ACからの写真

 

おはようございます。


先日、こんな相談を受けました。

「利用者から今の通所事業所では物足りない。
もっとリハビリができるところに行きたいといわれたので
通所の相談員には断りを入れて
円満に他の事業所に変わったところ
家族のところに元の事業所の管理者から苦情があった。
それっておかしくないですか?」

はい

おかしいです。

もっと詳しく聞きましたが
ここでは書けませんので想像しながら読んでくださいね~。笑

昔、介護保険が始まったころ
とんでもない事業所がありました。

まあ、ケアマネも質が良かったかといわれると
う~~~ん・・・と、言わざるを得ませんが。

今まで行政の措置だったものが
民間の営利企業も参入できるようになり
利用者を獲得をしようと
あの手この手で営業をかけていたことがありました。

その時にも介護保険の理念とはかけ離れたことを
言ったり、したりする事業所に切れてたものですが
今まではそれなりに落ち着いてたんですよね。

ところが、最近
そのころと同じような話をちらほら聞くことが出てきました。

原因としては
介護保険事業所の乱立かなと考えています。

こういった言い方はよくないのかもしれませんが
地域に住む高齢者の数(パイ)は限られています。

事業所が少なければ1か所の事業所でとれるパイの数は多くなります。
しかし、事業所が増えていけば
1か所の事業所が手に入れられるパイが減っていきます。

だから必死なのかもしれませんが
介護保険の理念やルールは守ってほしいし
誰を相手に事業をやっているんだ?
ということを考えてほしい。

身体や気持ちの弱った高齢者や
そういった人を介護して
困って、疲れている家族を相手にしているんですよ。

そういった困った話があれば
迷わず介護保険課に相談してみましょう。

なんだかなぁ~
と、疲れてしまった相談でした。


では、毎日暑いですが
今日も元気にいきましょう!

 

 

関連記事

  • 何が必要か何が必要か akizouさんによる写真ACからの写真 おはようございます […]
  • 読み解く能力読み解く能力 cheetahさんによる写真ACからの写真 おはようございま […]
  • 意見交換意見交換 fujiwaraさんによる写真ACからの写真 おはようござい […]
  • 通知の解釈通知の解釈 acworksさんによる写真ACからの写真 おはようございま […]
  • 評価の元評価の元 fujiwaraさんによる写真ACからの写真 おはようござい […]