意見をだしてもらうには

投稿日:

おはようございます。

 

昨日の話とつながりがあるんですが

アイデアだしをするにしても

そのアイデアが出てくるようにしないといけません。

 

単純に

「さあ、今から自由に発想して!

どんどん意見を出して!」

と言っても、そうそう簡単に出てくるものではありません。

 

そんなふうに言われても

みんな顔を見合わせるだけで意見が出てこなかったり

ちょっと意図と違った意見になってしまったり。

結局、「あ~あ。(溜息)」みたいになっちゃう。

そんな経験あるんじゃないでしょうか?

 

やっぱり

たくさんの、自由で前向き

参考になる意見を出してもらうには

場の作り方

言葉の定義をそろえること

主催者の説明力、質問力など

いろんな力が必要になってくるんです。

 

例えば

誰かが意見を出した時に

「それは~」なんて反対意見を言われてしまうと

その後、発言が出てきにくくなります。

 

いつも言ってる

「安心、安全、ポジティブな場づくり」

これがまずは大事なんですよね。

 

同じ「保証人」という言葉を使っていても

法律的にいう保証人なのか

退院するときの身元引き受けを指しているのかなど

言葉の定義が同じなのか。

そういったことを主催者側が始めにちゃんと説明できているか。

そのうえで、参加者に対して理解しやすいように質問することで

主体的に研修に参加してくれるようになって

意見がたくさん出てくるようになっていき

結果、たくさんの気づきを得ることができるのではないかな~と。

 

これも前に書きましたが

とにかくいい答えにたどり着くには

たくさんの気づき、意見が必要なんです。

 

たとえそれが答えの方向性と違っていたとしても

「違う」ということに気づけばいいんです。

そのうえで、「じゃあこっちよね。」

と、軌道修正すればいいだけなんですから。

 

そういった、ポジティブな意見がたくさん出るような

研修、グループワークにしていけたらいいなと思います。

 

では、金曜日です。

あと一日、頑張っていきましょう!

 

 

関連記事

  • アイデアだしアイデアだし 7729UGさんによる写真ACからの写真 おはようございます […]
  • コンサルタントコンサルタント おはようございます。 先日、セミナーを受けて来ました。& […]
  • いい質問いい質問 おはようございます。 土曜日から半年に一度の勉強に来ていまし […]
  • 苦情対応苦情対応 おはようございます。 どんな仕事をしていても「苦情」はつきも […]
  • メモとりのためのジェノグラムメモとりのためのジェノグラム おはようございます。 先日、あるところでジェノグラムとエコマ […]