要介護認定の仕組み

投稿日:

おはようございます。

 

介護保険を利用するとき必要となる要介護認定ですが

ときどき

「あの要介護度ってなんかおかしくないですか?」

なんて言われます。

 

「何が?」

と聞くと

「いや、寝たきりやのに要介護3で

歩行器で歩けよる人が同じ要介護3が出るんで~。」

って。

 

そうやね~

認定調査をしたことない人からすると

寝たきりって状態が悪いからもっと重い要介護度が出るはず。

歩ける人はもっと軽い要介護度のはず・・・って

そう思ってるんですよね。

 

質問してくれた人にも説明しましたが

認定調査での聞き取り、確認は

とても細かく決められています。

初めに出てくる手や足の筋力低下は

床と平行なところまで持ち上げられると「なし」になります。

ここは「ある」か「ない」かを調べるところ。

 

立ち上がりや歩行は

「できる」か「できない」かを調べるところなんです。

 

要介護度は介護の手間を調べたものです。

介護保険が始まるときに施設で介護にどの程度時間がかかるか

時間を計って作り上げてきたものです。

なので見た感じで判定するものではなく

介護の手間にどのくらい時間がかかるか

その積み上げによって判定するものなんです。

 

ですから、寝たきりの人は勝手に動くこともないので

次のおむつ交換まで手間をかけることがないですが

(あくまで例です。施設で手間をかけてないってことではないですよ~)

歩行器であちこち歩く人には転倒予防のために

常に施設職員が横にいて見守りをしているなど

介護の手間がかかります。

 

なので、寝たきりの人と歩行器で歩ける人が

同じ介護度になったりするわけです。

 

また、同じ要介護3でも幅があります。

さっきも書いたように要介護度は時間で決まるのですが

その時間は70分以上90分未満です。

だから、同じ要介護3でも70分の人と90分の人では

見た感じが全く違うんです。

 

そんな説明をすると

「ああ、そういうことなら分かるわ~。」

って。

 

認定調査って仕組みを分かっていないと

調査員と全然話がかみあわないんです。

厚労省から資料も出ているので一度は読んでおきましょう。

資料はこちらから↓

https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11901000-Koyoukintoujidoukateikyoku-Soumuka/0000126240.pdf#search=%27%E8%A6%81%E4%BB%8B%E8%AD%B7%E5%BA%A6%E3%81%A8%E3%81%AF%27

 

では、今日も笑顔でいきましょう!

 

関連記事