がまんが成長のもと

投稿日:

おはようございます。

 

先日、藤井聡太六段が

師匠の杉本七段に公式戦で勝利しましたね~。

 

師匠としてはどんな気持ちだろう。

師匠の立場としてはうれしい

でも、同じ棋士としては悔しいのかな?

 

そんなことを考えてたんですが

やっぱりすごい棋士を育てた人は違う。

後日、某国営放送が杉本七段を取材しているのを見たんです。

 

そこで杉本七段が

始めて藤井六段と指したときに

「その才能のすごさに驚いた。」と言ってました。

 

そして、こんなすごい子をの才能を延ばすために

行った指導は

 

「口出ししない」

 

師匠はいちいち口出しをしないで

本人の頭で考えさせるように指導したそうです。

 

これって、難しいことなんですよね。

つい、口出ししたくなる。

だって、経験年数が長いから

「それ違うよ~。」

っていうの、分かるんですよね。

 

でも、あえて口出しせずに、自分の頭で考えさせる。

 

もともと藤井聡太六段に才能があったんでしょうが

いい師匠についたことで

もっと早く、大きく成長できたんじゃないだろうか。

 

若い天才棋士もすごいけど

それを育てた師匠と

そんな機会を作った親もすごいなと思いました。

 

これからも注目ですね~。

 

では、今日はいい天気になりそうです。

良い休日をお過ごしください!

 

 

関連記事

  • 何があったのか何があったのか おはようございます。コロナウイルスの感染拡大が今ちょっと落ち着いてますね。 […]
  • 薬局で買える薬局で買える おはようございます。10月から、新型コロナウイルス抗原・抗体検査キットが薬 […]
  • どこに価値を感じるかどこに価値を感じるか おはようございます。どういう意図で放送してたのか私にはあまり理解ができませ […]
  • なんか矛先間違ってない?なんか矛先間違ってない? おはようございます。朝晩涼しくなりましたね。モズが鳴いたり、コオロギの声も […]
  • んん~~んん~~ おはようございます。先日、特養のデイサービスを利用していた95歳の利用者が […]