これからのケアマネ5

投稿日:
akizouさんによる写真ACからの写真

 

おはようございます。


昨日の続きですが
最後に齊木先生に質問をしました。

「ぶっちゃけ、介護保険って持ちますか?」

あ?!
直球すぎました??(;^_^A

しかし

先生、ちゃんと答えてくれました。

「もう、相当危ないところまで来ている。」
とのこと。

皆さんもわかりますよね。
どこが?と言われても答えにくいかも知れませんが
体感的にも、なんか危なそう・・・と
思っている人は多いんじゃないでしょうか。

保険料も上がっていますし
そこを支える人口も減っている。
介護保険の報酬を上げろと言っても
どこからも出てくるものはない。

だから、お先真っ暗か?
と言ったら、そうではなくて
違う方法を考えていこうよ、と。
介護保険という社会保障にだけ頼っていたのでは
制度と一緒に倒れてしまうけど
ケアマネジメントの効果やケアマネの力をアピールして
そのことによって皆に良い結果がもたらされることを伝えれば
介護保険の報酬だけでなく、行政からの委託費や補助金であったり
企業からの報酬というのも期待できるのではないか。

もうそういった時期に来ているのではないか
と、お話されていました。

産業ケアマネ、産業ソーシャルワーカー
なんていうのも出てきています。
ないサービスを作り出す
医療や介護、福祉の世界にもそういった動きが出てきています。

ほしい、ほしいというだけでなく
自分から動いて、関係を作り出す
仕事を作り出すということを
ケアマネもやっていかなくてはいけない
そんな、時代になっています。

ますます、難しい時代に入ってきましたが
前を向いて、みんなで協力しあって
頑張りましょうね~。


では、今日も前向きにいきましょう!

 

関連記事