インフォーマルサービスの活用

投稿日:
TECHDさんによる写真ACからの写真

 

おはようございます。


こんな相談がありました。

一人暮らし。
かなりな高齢の人で
子どもはいるが、県外なのですぐに駆け付けられない。
本人は最後まで自宅で過ごすことを希望している。

が!

筋力の低下も著しく
室内で頻繁に転倒して起き上がれないことがある。

緊急通報装置は設置しているが
それを押すこともできず
数時間転倒したままになったこともある。

本人が動けなくなった時に
すぐにわかるようにできないか?


う~ん
それは難しいねぇ。

緊急通報装置を押せないのなら
押さないでも、本人が動かなくなった時に
安否確認や駆け付けてくれるサービスがないと困る。

電気ポットで何時間か使わないと連絡がいくものがあるけど
これで家族につながっても県外だから駆け付けられない。
カメラで見られるのもプライバシーがなくなるからダメ。

現在の緊急通報装置は
警備会社がしているものなので
何かの時には駆け付けてくれる。

でも、ボタンを押さないと・・・
っていう契約なら
もしかすると
人の動きを感知するタイプがあるかもしれない。

その会社のHPで商品ラインナップを見てみると
やっぱり、使えそうなのがある!


でね

うまいサービスや方法って
そう簡単には見つからなかったり
介護保険サービスや行政のサービスになかったりするんだけど
一生懸命考えていくことで
何かヒントが出てきたりする。

それと

本人にとっての優先順位を中心に考えるってこと。

この人も
「家で最後までいたい。」
というのが最大の希望。

だから、それをかなえるために
一生懸命考えている。

ここで、先に
「お金がかかるからなぁ。」
とか
「危ないから施設に入るほうがいいんちゃうん。」
なんて、支援する側が勝手に決めつけないこと。

ちゃんと調べて、情報提供して
判断は本人や家族に任せること。

インフォーマルサービスも同じですよ~。
知ってる範囲でいいので
しっかり情報提供していきましょうね!


では、今日は雨模様です。
運転に気を付けて
前向きに行きましょう!

 

関連記事

  • 高齢になってかかるお金高齢になってかかるお金 おはようございます。いい加減な年になってくるとなんでもない場所で躓いたり、 […]
  • 進んでますか?進んでますか? おはようございます。4月からの制度改定で利用者や家族に対して直近6カ月間の […]
  • 今さら?今さら? うおはようございます。日本総合研究所が厚労省の委託を受けて「保険外サービス […]
  • ICT化ねぇICT化ねぇ シルバーブレットさんによる写真ACからの写真 おはようござい […]
  • 補足給付の値上げ補足給付の値上げ akizouさん […]