インフルエンザ予防接種のための非課税証明

投稿日:

おはようございます。

 

10月も半ばを過ぎ、そろそろインフルエンザの予防接種に行きたいと、利用者が言い始める時期です。

 

去年は6月くらいに送られてきた検診票の中に、無料のインフルエンザ予防接種券が入っていましたが、今年は料金が表示されています。

「え?今年は無料じゃないの?」

と、思う人もいるかも知れません。

今年はマイナンバーの関係で非課税かどうか調べることができず、別に非課税の証明書か、所得証明が必要となります。

 

非課税の証明をしてもらうには、以下にあげる3通りの方法があります。

①保健センターで所定の用紙に記入して証明書をもらう。

②介護保険料の決定通知書の左上に、「非課税」と書いていれば、それをだけでOK。

③市役所の納税課で所得証明をもらう。

 

①と③は保健センターや市役所に足を運ばないといけませんが、②は郵送で送られてきているので、もしこれがあれば一番簡単です。

 

以前のインフルエンザワクチンは、効果が2ヶ月程度しかありませんでしたが、今のワクチンは5ヶ月も効果が持続するようになりました。

ただ、一番流行する1~3月に効果があるようにするためには、11月くらいから接種するのがいいかも知れません。

 

しかし、予防接種をしたからといって完全にインフルエンザを予防することは出来ません。

日ごろのうがい、手洗い、歯磨きの重要性も伝えてください。

 

では、今日も元気にいきましょう!

 

関連記事

  • 子供のロコモ子供のロコモ まぽ […]
  • なくさないでねなくさないでね おはようございます。 皆さんの担当されている利用者さん宅に […]
  • BMIBMI おはようございます。 先日、管理栄養士の方と話をしていました […]
  • 高齢になってから?高齢になってから? おはようございます。 いや~、知らないうちにというか […]
  • 大丈夫ですか?大丈夫ですか? おはようございます。 毎年のことながら、今の時期インフル […]