9月3日 エレベーター

投稿日:

おはようございます。

 

このブログにも書いたんですが、この前県警で行なわれた

「特殊詐欺ネットワーク会議」

っていうのに出て来ました。

 

で、その会議の話ではなくて、県警のエレベーターが面白かった話。

何が面白かったのかと言うと・・・、スピード。

 

1階で上に向かおうとボタンを押して待ってました。

到着したので乗ろうとしたら、中から二人の人が出て来ました。

待ってたのは三人。

 

中の人が降りてから乗ったんですが、一人目の身体が半分乗ったところで扉が閉まり始め、その速さもかなりなもの。

あわてて「開」のスイッチを押しましたが、乗ってから三人で顔を見合わせて笑ってしまいました。

 

いつも行くところは、病院や施設で、エレベーターもイライラするくらいゆっくりなんです。

それが、県警はあっという間に閉まってしまう(笑)

 

一緒に乗った人と

「県警って機敏に行動せないかんから、エレベーターもはよう閉まるんかの~」って。

「業種によっては、こんなところも違うんだ~」と、すごい発見をしたような気分になりました。

 

いつも同じことばっかりしてると、それが世間全部の常識のように思っちゃいますよね。

でも、ちょっと行動を変えてみると

「全く違う世界に行き当たったりするんだな~」って思いました。

 

皆さんも、いつも当たり前って思ってたことが、違ってたなんて経験ないですか?

 

では、台風の進路が気になりますが、良い休日を!

 

 

関連記事