ケアマネの地位向上

投稿日:

おはようございます。

 

少し前にですね、日本介護支援専門員協議会の会長が変わりました。

 

今までは鷲見会長(女性)だったんですが

今度は柴口さんと言う福岡の介護支援専門員協議会の会長が

日本介護支援専門員協議会の会長になりました。

 

以前から日本協会は介護支援専門員の地位向上を目指していましたが

今後、もっとその方向性を強めていくとのこと。

 

そのためには現場のケアマネがしっかり意見を出し合い、協力もしあって

職能団体として組織力を強化していく。

誰かが何とかしてくれる…ではなく

ケアマネ自身がケアマネジャーという職種を確立していく。

 

そんなふうに言っています。

 

そうですよね。

ケアマネの地位向上や待遇の向上を目指すのなら

私たち自身が動かないと、他の誰もやってくれません。

 

いつも言っていますが

ケアマネ=専門職

と世間に認知してもらうには、自分たちの努力なしにはあり得ません。

 

人任せにしたり、不平や不満ばかり言っていたのでは

よくなるはずありませんよね。

 

これからもっと在宅で療養する高齢者が増えます。

「在宅療養するときには、ケアマネが絶対必要。」

って、世間に認知してもらいましょう。

 

そうなっていくようにケアマネ同志お互いに連携していきましょう。

それと同時に、各々が自己研鑽してレベルアップを図っていきましょう。

 

 

では、今日も暑そうですが

前向きに頑張りましょう!

 

関連記事