タンザニアの水

投稿日:

おはようございます。

 

先日、テレビを見ていたら、タンザニアで水をきれいにする日本人が出てました。

タンザニアではとてもきれいとは言いがたい水を飲んでいます。

それを日本人の小田さんという人が、魔法のような粉できれいにしてるんです。

その粉をにごった水の中に入れて、ぐるぐるっとかき混ぜると、あら不思議、汚れが固まってきます。

それを漉しとると、きれいな水に変わるんです。

 

この魔法の粉の正体は、なんと、納豆のネバネバ。

それが汚れをかためて、取り除けるようにするんだそうです。

小田さんという人はこの粉を使って給水施設を作って、地域の人に衛生的な水を提供しています。

 

この給水施設、水を作って売るだけでなく、新たな商機を作り出しているそうで

水を買って遠くの町に転売する人

給水施設の周りで、物売りや食堂を始める人

などが出てきているんだとか。

 

いいものができると、自然と人が集まるんですね~。

それまでこれといった仕事のなかったところに、新しい仕事が出来る。

一番の貢献ですよね。

 

日本人って、すごい!

って、また思っちゃいました。

 

その後調べてみると、この小田さんって、社長さんなんですよ。

そのインタビュー記事がこちら

http://www.gswl.jp/%E6%9C%AA%E5%88%86%E9%A1%9E/92.html

この記事を読みながら、すごい人っていうのは周りの幸せを考えるひとなんだな~って。

なかなかそんなふうに考えられないけど、気をつけてれば少しはできるようになるかな。

 

では、土曜日です。

よい休日をお過ごしください!

 

 

関連記事

  • おもしろい女性企業家おもしろい女性企業家 おはようございます。 昨日は七草でしたね。七草かゆ食べま […]
  • 夜間中学夜間中学 おはようございます。 夜間中学というのを知ってますか?私 […]
  • オリヒメオリヒメ おはようございます。 「オリヒメ」って知ってます?? […]
  • SDGsSDGs おはようございます。 「SDGs」(エスディジーズ)とい […]
  • 人それぞれ人それぞれ おはようございます。 昨日はヒューマンコメディという会社で […]