デジタルを使おう

投稿日:

おはようございます。


自宅がない人や自分で管理できない人の郵便物は
なくしてしまうと困るので
転送をかけて私のところに届くようにしています。

そうすると、毎年7月末に
介護保険の負担割合証や後期高齢者医療受給者証
負担減額認定証など
医療や介護にまつわるものが
行政からどんどん送られてきます。

それを本人のところに届けて
自分で管理する人は渡して、
施設で管理するところは職員さんに渡して・・・と
やっています。

どうです

ケアマネさんたちも
利用者の負担割合証など
確認に走り回ったのではないでしょうか?


この負担割合証などは
利用者が何割自己負担するかが記されているものなので、
きちんと確認することが大事です。

思い込みで”1割”としていたら、
不動産の売却益があって3割になってた!
なんてことも。

記録を残すことが大事

以前はこのコピーを残してたんです。

が!

それって、一度預かってコピー撮って
また訪問して返却する

って、めちゃくちゃ手間がかかってたんです

でも

今はスマホやタブレット、デジカメなんて
便利なものがあるので
そういったもので確認、記録をするケアマネが多いように思います。


負担割合証などを施設に届けたときに
「コピーいりますか?」
と聞いてくれるのですが、
私もその場で写真に撮って終わりです。
(後で被後見人それぞれのデータファイルに入れます。)

使えるものはしっかり使って
手間をどんどん減らしていきましょう。


た・だ・し!

それを入れたスマホやタブレットなどを
落としたり、紛失したり
別の人にデータ転送したり

っていうような
うっかりミスはしないように注意しましょうね。


では、金曜日です。
後1日、頑張りましょう!

 

 

関連記事

  • 住所に注意住所に注意 おはようございます。私のことを知ってる人はよ~~く分かってると思うけど […]
  • 居宅の届け出居宅の届け出 おはようございます。 保険者ごとに介護保険の申請の仕方が違う […]
  • 介護保険申請介護保険申請 おはようございます。 お金の相談とともに介護や福祉の相談もよ […]
  • 確認と説明確認と説明 おはようございます。 介護保険の給付管理をするのがケアマネの […]
  • 介護度の確認介護度の確認 おはようございます。 介護保険の暫定利用について書きましたが […]