人次第

投稿日:
灘 伏見さんによる写真ACからの写真

 

おはようございます。


先日、こんな相談がありました。

「任意後見人を解任したい。」

へ??

いやいや

なんで??

っていうのが、まず正直な感想。

ここでも何度も書きましたが
任意後見人というのは
自分の判断能力がなくなった時に
自分が信頼できる人に
財産の管理や契約などをお願いするもの。

それを
自分が判断力があるうちに
契約して、公正証書にしておくものなんですね。

本人の意思がきちんと入っているものだから
私は成年後見制度より、お勧めしている。

な・の・に

任意後見人にやめてほしい。
ほかの人を成年後見人として頼みたいって
どうしたの?

詳しく聞くと
自分の知らない人に任意後見人を頼んでいる。
なぜこうなったのか、理解していない。

いやいやいやいや!

自分の大事なことなんだよ。
ちゃんと説明聞いて、分からなければ何度も質問して
理解できてから契約を結びましょうよ。

そうでないと
せっかくのいい制度も価値がなくなってしまう。

その人を責めてもいけないんだけど
そもそもが、理解していないのに
契約を結ばせた「任意後見人」とやらに腹が立つ。

よしんば、理解していると思って契約したのなら
解任したいと思われるような仕事ぶりではいかんでしょ!

私は
任意後見も成年後見も
利用者の権利を守るために存在していると思っている。

だから
自分が後見人などになった時は
精一杯、利用者のために考えて、動いている。

同じ後見人の中に利用者のために動かない人がいる
そういうことがあると
後見制度全体の信用を失いかねない。

そういうことだけはやめてほしいと
切に願っている。

どんなにいい制度もサービスも
それを運用する人次第なのだ。


では、今日もいい天気。
日中は暑くなりそうです。
温度調節できるような衣類で
元気にいきましょう!

 

関連記事