介護リスク

投稿日:

おはようございます。


歳をとって介護保険を使うようになると
お金がかかってきます。

始まったころは利用者負担は皆1割でしたが
今では段階的になっており、2割の人も3割の人もいます。

一説には生涯に必要な介護費用は500万から1000万ともいわれ
その費用の捻出に頭を悩ませている人も多いでしょう。

そこで、保険会社各社は
認知症と診断されたら保険金を受け取れるとか
公的介護保険で要介護1以上(各社違います)と認定されれば保険金を受け取れるとか
いろんな民間介護保険というのを作って
将来の介護に備えましょうと言ってます。

でも、これ保険料が高かったりするんですよ~。

ん~~、ちょっとねぇ
と、思ってたらこんなのが出てました。

「ネオファースト生命保険は認知症を患うと一時金を支払う保険で
永久歯が70歳時点で20本以上残っていれば
以後の保険料を1~3割程度安くする商品の取り扱いを12月に始める。」

勘違いしないでね。
この保険をかけなさいってことではないですよ。

条件を見てください。
永久歯が70歳時点で20本以上残っているということは
認知症になるリスクが低いってこと。

そうなると介護保険を使う可能性も低くなってきますよね。

介護保険をかけるか、かけないか
それは人やその家庭によって違ってきますが
保険の話だけでなく、健康でいるということは
一番の節約にもなるし、自分の好きなこともできて最高だ!
ってことです。

歯磨きもしっかりして
本を読んだり、軽い運動をしたり
バランスのいい食事をして
いろんな人と楽しく話をして
いつまでも元気で暮らせるようにしていきましょう!

あなたの楽しい未来のためにね。


では、今日も元気にいきましょう!

関連記事

  • 親のお金の管理親のお金の管理 おはようございます。先日、続けて同じような相談がありました。「親のお金 […]
  • 生き方会議生き方会議 おはようございます。遺言の話とか、認知症の人の金銭管理とかそんな話を続けて […]
  • 遺言書3遺言書3 おはようございます。法務局では昨年、令和2年7月から「自筆証書遺言書保管制 […]
  • 遺言書2遺言書2 おはようございます。先週からの続きです。遺言書を書いて、公証しておきま […]
  • 遺言書遺言書 おはようございます。昨日の話の続きです。昨日の方が、その後どうされるの […]