再度、生活福祉資金

投稿日:
nanairo125さんによる写真ACからの写真

 

おはようございます。

 

コロナ対応のため
いろんなところに支障が出ています。

街中の飲食店でも
「あれ?ここにお店あったはず・・・。」
というところでも
看板を下ろしていたり
早めに休業に入ったのか
明かりが消えてシャッターが降りているところもあります。

自営業の知り合いも
「厳しい・・・。」
と言っていましたし
パート勤めのシングルマザーは
学校が休み中の子供をみてくれる人がいないので
仕事に行けず
収入が激減しています。

先月の25日から
上のような
コロナ騒ぎのせいで収入が減った人に
生活福祉資金の貸し付けが始まっています。

その貸し付けが
頻繁に細かな点で変更になっています。

初めの方は収入が減ったけど離職していない人には
緊急小口資金のみで
総合支援資金は離職した人でないと
借りられませんでした。

今は要件もありますが
離職していなくても
総合支援資金も借りられるようになったみたいです。

利子もつかなくなっています。

パンフレットはこちら↓
http://kagawaken-shakyo.lekumo.biz/topics/files/tokurei20200325.pdf

貸し付けを行う窓口は
借りたい人の住民票がある市町村の社会福祉協議会です。
今は窓口の混雑を避けるために
予約制をとっているところもありますので
先に電話で確認した方がいいでしょう。

持っていくものは前回も書きましたが
1)住民票(世帯員全員)
2)印鑑
3)振り込みを希望する通帳もしくはキャッシュカード
4)身分証明書(運転免許証やマイナンバーカード)
5)収入が減ったことが証明できるもの


ケアマネはあんまり関係ないと思ってるかもしれませんが
利用者の家族に収入が減った人がいることも考えられます。

いろんな情報を知っておくことで
利用者や家族の助けになることがあります。

頭の片隅に入れておきましょう。

 

では、今日も元気にいきましょう!

 

関連記事

  • 自分にできること自分にできること おはようございます。先日、知り合いから夕方に連絡が。「家の前のお宅の人 […]
  • 生活福祉資金2生活福祉資金2 おはようございます。昨日の続きですが昨日の話だけを読むと生活福祉資金を […]
  • 生活福祉資金生活福祉資金 まぽ […]
  • 機会と環境機会と環境 まつなが […]
  • 応援応援 おはようございます。 明日からさくらやの馬場さんがクラウドフ […]