初回訪問・契約の流れ

投稿日:
セーレムさんによる写真ACからの写真

 

おはようございます。


この間、事例検討に参加させてもらい
一連の流れを見せてもらったんですが・・・。

事例は新規の利用者だったんですよ。
子どもと二人暮らし。

でね

支援経過読んでて気になったんだけど
皆さん、重要事項や契約書、個人情報の利用同意なんかを
どの時点でとってます?

この事例では
初回面接のときにもちろん
重要事項や契約書、個人情報の利用同意を取ってるんですが
丁寧な記録で、同一日で時間も記録をとって
初回面接、自分が担当になることの同意
それから、アセスメント
その直後に時間を変えて
重要事項や契約書、個人情報の利用同意をとってるんです。

同一日でも時間をかえて
その時間の記録もちゃんと残す。

これ自体はとてもいいことです。

ただ

順番が問題なんです。

初回のインテークでは
もちろん自己紹介はしますけど
自分が担当になるかどうかは別の話。

まずは

訪問の目的を伝え(相手の依頼でも)
自分の所属する事業所がどういった事業所で
その条件を伝えたうえで
「私の所属する事業所と契約をされますか?」
と、利用者や家族に判断してもらう必要があります。

利用者や家族が
「では、あなたの事業所と契約します。」
と言ったら、重要事項と契約書にサイン、印鑑をもらい
今から詳しく聞くことを伝えつつ
個人情報の利用について説明し、同意をもらう。
それにもサイン、押印をもらい
そこから初めてアセスメントをするようになるんですね。

担当が訪問した自分になるかどうかは別の話って言いましたよね。

契約はあくまで事業所と行っているので
事業所から
「利用者や家族があなたに担当になってって言われれば
そのまま担当して頂戴ね。」
なんて、言われて訪問していると思います。

なので

担当者としての挨拶は契約の後に
利用者や家族が希望した場合
ということになります。

話がちょっとややこしくなりましたが
契約の流れというのは

重要事項の説明
利用者、家族の同意
契約
個人情報の取り扱いについて説明、同意
そののちに
初回アセスメント

となることを、意識しながら行いましょう。


では、今日も朝からセミの大合唱です。
水分補給しながら、元気にいきましょう!

 

 

関連記事