副業

投稿日:

おはようございます。

 

年金つながりから

皆さん、今の収入に満足していますか?

 

どうにかして収入を増やしたい

何かできることはないかと探してる人が多いんじゃないでしょうか?

 

かくいう私も同じなんですが・・・。

 

昔から本業以外の仕事をする人

いわゆる、ダブルワークまではいかないけど

副業という仕事をする人がいます。

よく知られているところでは

本業以外に株式投資やFXなんかをしてる場合ですよね。

 

最近はSNSが発達しているので

ユーチューブやインスタグラムに自分の日常をUPして

それで収入を得る人もたくさんいます。

 

私の知り合いも

「昔上げたユーチューブからいまだに月1万くらい入ってきます。」

なんて言ってます。

他の人もしょっちゅう旅の情報をインスタに上げるので

「現地集合現地解散だけど

ヨーロッパ2週間の旅に行ってくれって依頼が来た。」

なんて言って、先月末に行ってました。

 

まあ、こんな人は特別なのかも知れないですが

それでも自分の得意分野を生かして

副業をすることが勧められています。

企業ぐるみで副業を推進しているところまであるんですよ。

 

「え?でも、普通会社って

他の仕事するの嫌がるんじゃない?」

 

そう思うでしょ?

 

ところが、近頃は会社の方が就業規則を改定してまで

後押しをしているんですね。

なぜかというと

労働者にとっては収入が増えるというメリットがあるんですが

会社にとっても人脈が広がってそれが仕事につながり

企業成長につながるとか

だらだら長時間の仕事をするのではなく

短時間で効率よく業務を終わらせるようになるとか

いろいろといいことがあるようなんです。

 

また、受け身で仕事をするのではなく

主体性を持って取り組むようになるという効果もあるそうです。

 

例えば

医療や介護、福祉系の仕事をしている人が

成年後見人業務を副業で行うことで

福祉の専門知識やほかの専門職とネットワークができ

現在の業務に生かせるようになる

なんてことですよね。

 

こう書くといいことばかりに見えますが

副業を行う上で注意点やデメリットもあります。

 

まずは、会社が副業OKなところかどうか。

そもそも禁止されている会社もあるので

確認してからにしましょうね。

 

また、副業で得た所得(総収入から経費を引いた額)が

20万円を超えた場合、確定申告が必要になります。

 

これを忘れていると

後でたくさん税金を払わないといけないので

ちゃんと申告しましょう。

 

それと

一番肝心なのが

副業にばかり精を出してしまって

本業の方がおろそかになってしまう場合ですよね。

 

副業で本業以上の収益が出せているのならまだしも

お小遣い程度の収入なのに本業がおろそかになってしまっては本末転倒。

 

あくまで、本業を大事にしましょうね。

 

では、台風が近づいているようです。

運転等気をつけながら、今日も元気にいきましょう!

関連記事

  • 痛かった話痛かった話 Taimei07さんによる写真ACからの写真 おはようござい […]
  • 給料の使い道給料の使い道 beauty-boxさんによる写真ACからの写真 おはようご […]
  • 4年ぶり年金引き下げ4年ぶり年金引き下げ nmさんによる写真ACからの写真 おはようございます。も […]
  • 時短要請とお金の対策時短要請とお金の対策 おはようございます。とうとう、香川県にも飲食店への時短要請が出ちゃいました […]
  • 贅沢な時間贅沢な時間 おはようございます。と言ってももう昼を過ぎちゃいましたが。今日は朝から […]