同調圧力

投稿日:

おはようございます。

 

この間、若者と「障害とは」なんて話をしてたんです。

 

最近は障害者自身が24時間テレビなどのあり方を

「感動ポルノ」

と表現し、自分たちのことを

「特別視してもらいたくない。」

という発言も増えてきました。

 

私は

「障害が個性である。」

という、考え方が好きではありません。

 

どんな人をとっても、一人として同じ人はおらず

全員に個性があるはずです。

誰もが特別で、誰もが普通だと思う。

そんな話をしてたんです。

 

その若者は

「小学生のころには、『みんな一緒』っていう

同調圧力がすごかったんです。

それが、最近になると『みんな違う』っていう

同調圧力が強くなってると思うんです。」

って言ってました。

 

お互いに

「なんなんだろうかね~

この、みんな同じ方に向いてしまうっていうのは?」

なんていいながら

いつものごとく飲んでたんですけど。笑

 

しかし、はたと

周りとか人から圧力をかけられてるって感じてるけど

それって、本当なんだろうか?

なんて、思ったんですよ。

 

自分が人に圧力をかけてることないか?

 

これはこうだろ。

こうあるべきだ。

なんてやってないか?

 

自分の言動を振り返ってみると

いっぱい不安なところが出てくるな~って。汗

 

皆さん、もしかして迷惑かけてたらごめんね~。

 

でも、自分の自論は変えないけどね!

 

では、土曜日です。

良い休日をお過ごしください!

 

関連記事