地域から 子供の貧困対策

投稿日:

おはようございます。

 

高松に学生服のリユースショップ「さくらや」っていうところがあるのを知ってますか?

そういえば以前にここでも書いたので、皆さん知っているでしょうね。

 

香川県にはフードバンクとともに、ものバンクというのもがあります。

そこでも制服や学生鞄なんてのもおいてる時があるんですが

学生服は学校によって違うので、なかなか対応できません。

 

先日、あるスクールソーシャルワーカーから

「体育祭が近いのに体操服がない子がいる。

学校においてあるものを貸しているが、小さすぎる。

ものバンクに○○中学の体操服はないか?」

と問い合わせがありました。

 

ものバンクに問い合わせてみましたが、今は体操服や制服自体がないとの返事。

どうしようか~と悩んだ結果、さくらやに電話してみました。

 

始めは不審がられましたが、代表の馬場さんと話をして体操服はあることが分かり

また、いろんな連携ができないか話をしてみることになりました。

 

で、昨日さくらやに行ってきました。

 

いや~、すごいですね。

「なかなか経営は厳しいんです。」

とおっしゃっていましたが、ああいうシステムはほんとに必要だと思います。

商売とともに貧困家庭の子供に対しても思いが強く

店に来る支援が必要な子供に積極的に声をかけ

できるだけつながりを紡いでいこうとしています。

 

「うちも8年前は貧困家庭で、電気や電話が止まったりしていました。」

とのこと。

苦しい経験をしているので、なおさら「なんとかしたい」との思いが強いようです。

 

これから何か協力ができないか。

馬場さんともそんな話をしました。

制度はあっても全部をカバーすることは難しいですよね。

でも、足りないところに知恵を出したり、自分ができることをしたり。

 

困っている子供と、資源と、その循環と

子供の貧困対策について、新しい支援の形を考えていければいいな~なんてね。

 

なんだか、いい気分になった日でした。

 

では、土曜日です。

良い休日をお過ごしください!

 

関連記事

  • 侮るなかれ侮るなかれ おはようございます。今朝は冬らしい朝ですね。 昨日小 […]
  • 夜間中学夜間中学 おはようございます。 夜間中学というのを知ってますか?私 […]
  • 今日も吠えるぞ!今日も吠えるぞ! おはようございます。 8月30日に、介護保険最新情報Vol6 […]
  • 子どもの貧困対策子どもの貧困対策 おはようございます。 昨日は「子どもの貧困対策 マッチン […]
  • 地域の家ココカラハウス地域の家ココカラハウス おはようございます。 17日の日曜日は、社会福祉士会の臨時総 […]