実は手間がかかっています

投稿日:

おはようございます。


成年後見人等をしていて
結構な頻度で
「お金を好き勝手に使うんでしょ?」
とか
「人のお金で株買ったり投資信託買うんでしょ?」
なんていう

どこでどう聞いたのか
酷い誤解を受けることがあります。

そのたびに
「そんなことはできませんよ。」
「勝手には使えませんし、何に使ったかは毎年家庭裁判所に報告しないといけないんですよ。」
と、お伝えしていますが

どこまで理解していただけたかは・・・


年1回の事務報告

成年後見人等をしている人は
年に1回、定期的に
家庭裁判所に事務報告をしなくてはいけないようになっています。

これ、”忘れた”とか”今忙しいから来月”とかは認められないんですね~。


実は私、1度
うっかり翌月だと思い込んでいたときがあって
家庭裁判所の後見係の人から
やいのやいのと催促のお電話をいただきました💦

それ以降

ぜ~~~~~ったいに!
忘れずに、期日までに提出しています。


でね

この書類
1年間の支援の内容や収支の報告などをまとめて書くもので
基本の書式はあるんですがなかなか大変。

今までの領収書とかも確認しながら行うので
私は(ほかの人は簡単にできるのかもしれませんが)とっても疲れます。


つい先日も1件
この書類作成をしていて
頭の中がキーンとなっていました。


ただ

これは被後見人等にとっても大事なこと。

自分の財産を自分以外の人に使われていないか
契約事項などが滞りなく行えているか
自分の権利擁護を被後見人等が代弁者として行っているか

そんなことや

もし、親族に不幸があり
自分が相続人であるなら
その資産を受け取るのか放棄するのか
そんなことも手伝ったりしますので
それが適当であるかどうかということもチェックされるわけです。


ここまでいろいろやっても
ケアマネの給付管理より低い報酬だったりします。( ;∀;)


報酬の話は置いといて

成年後見人等は
法律的に被後見人等に代わって代理権を行使したりするので
非常に責任が重いと思っています。


もし、成年後見制度の利用を考える身内や友人がいる
という場合には

注意事項等をお伝え出来ますので
いつでもご連絡ください。


では、今日も張り切っていきましょう!

関連記事