差別化

投稿日:

おはようございます。


この間の日曜は
午前は地元の銀行で
「介護とお金」のセミナー。

リアルが8人
オンラインが顔が見えなかったんだけど
30人くらいとのことで
結構な人数の方が参加してくれたみたいです。

どんな方が来て
何を希望しているのかが
ちょっとわかりにくかったんですが・・・。

とにかく、
高齢になるとお金がかかるようになる・・・

かもしれない話と
そうならないように
”健康と人間関係とお金”
を、しっかり残しておきましょうなんて話をしました。

自分でもスライドを作りながら
どのくらい介護に費用が掛かるか
改めて確認。

そうすると
やっぱり

介護施設の費用が高い

これは、介護の3施設の話。

見かけ上、
サ高住や有料老人ホームの費用が高いけど、
実際の介護保険の給付額は
介護の3施設の方がべらぼうに高い。

だから、特養は総量規制があって
いくらでもは作れないようになってるんだよね。


聞きに来てくれた人は
そのあたりの細かい説明をしてほしかったのかもとおもいつつ
介護度とか世帯が課税か非課税でも変わるため
そう簡単に言えるものじゃないというところが心苦しい。

しかし

金融機関も頑張ってる

んだなぁと。

窓口業務をするだけじゃなく、
こうやってお客さんのニーズがどこにあるか調べて、
それにあったようなサービスや対応をしているんですね。

営利企業だから
と言えばそうなんだけど、

今の時代
”差別化”していないと
お客さんに選ばれないということでしょう。


これは、介護事業者も同じだと思います。

ケアマネジメント自体は誰がやっても同じ・・・はず。

でも、そこに何らかの別の価値をつけることで
選ばれるケアマネになれる。

今後、ケアプランの一部有料化が現実のものとなったとき、
何らかの別の価値がなければ
選ばれないんじゃないだろうか。

そんなことを考えた日曜日でした。


皆さんはどう思いますか?

さて、今日も暑くなりそうです。
熱中症に気をつけて
元気にいきましょう!

 

関連記事