強みの把握

投稿日:
FineGraphicsさんによる写真ACからの写真

 

おはようございます。


プライベートなことなんですが
いろいろ忙しく
専門の業者さんに頼まなくちゃいけないこともあり
先日、ある種類の業者さんに相見積もりを頼んだんですよ。

今どきはすごいですね。

ネットで検索してみると
人気の業者のランキングみたいなのがあって
そこを見ると数件の名前が出てくるんです。

指示に従って入力していくと
あっという間に検索が終了。

と、思ったら

速攻、メールに返事が来る。

あ~、自動配信なんだなぁ~と思ってたら
まあ、すごいわ。
どんどん電話がかかってくる!

ひぇぇぇぇぇっ!!

って、びっくり Σ(゚Д゚)

途中でめんどくさくなって
2件以外は「もういいです」って切っちゃった。

その後、見積もりのために2件の業者さんに
来てもらったんだけど
いや、企業さんの営業って

すごい!!

トークがってことじゃなくて
圧が・・!

どこまでが本気で
どこまでが芝居(こんなふうに書くと失礼と思うけど・・)なのか
もちろん別の時間に来てもらったけど
お互いに相手を意識していて(どうやら相当のライバル関係らしい)
悪口なんかは言いませんが
うちはこれだけできます!アピールがすごい。


でね

介護や福祉って
営業ってほとんどしないし
意識もしていないけど
それではダメなんじゃないかなぁって。

いや、誤解されると困るんだけど
営業しなさいって言ってるんじゃないよ。

営業じゃないけど
自分の強み、できること、特徴なんかを
ちゃんと把握してるんかなぁって。

それをきちんと分析して相手に伝えることができないと
相談者は事業所(業者)を選ぶことができんよね~って思ったのよ。


自分が業者を選ぶとき
やっぱりいろいろと見比べると思うんです。

介護保険だから
福祉のサービスだからで
選択権がないっていうのはおかしくて
みんなが自分に合ったところ、気にいったところを選べるように
自分のこと、自分の所属している事業所のいいところ、悪いところを
ちゃんと把握して伝えていきましょうね!


では、今日も張り切っていきましょう!

 

関連記事