成年後見は万能ではない

投稿日:

おはようございます。


先日、知り合いから電話が。

どうしたのかと思ったら、
施設に入ってる高齢者が体調不良になった。

熱もある、
食欲もない、
それにコロナでもないことは判明している。

ただ、かなり体力が落ちているので
入院させてほしいと言ったら、
「うちではできない。」
と、病院から断られた。

断られた理由は
「身寄りがなくて、認知症だから。」

どうしたらいいか?

との相談。

何が使える?

「こんな時は成年後見?」

いやいや
今困ってるんでしょ?
全然間に合わないし、
そもそも成年後見人が付いたからって、
入院とは全く関係がない。

成年後見制度利用促進といったって、
なんでもかんでも成年後見制度を使えばいいってもんじゃない。

本人の権利も奪うものなので、
しっかり考えて、
メリットもリスクも伝えたうえで
(本人が意思表示できないなんて言い訳なしで)
本当に必要であれば利用することが大事なんです。

入院や入所にメリットになるからというのはちょっと考えてほしい。


保護者がいないことで入院や入所を断ってはいけない


厚労省からも通知が出てますよね。

他にも身寄りがない、意思表示ができない人の入院などに関しても、
ガイドラインが出ています。

病院や施設が面倒だから。
何かあったときに困るから。

という理由だけで、
身寄りがない、認知症がある人の受け入れを
拒否することはいけないと指導されています。
https://www.mhlw.go.jp/content/000516181.pdf

成年後見制度はいい制度だと思うのですが、
万能ではありません。
しかも、本人の権利を奪う制度でもあります。

安易に利用せずに、
他に手段はないか、
必要性も含めて、
よく検討してから申立てをしましょう。


では、今日も暑そうです。
熱中症に気をつけて、
後1日頑張りましょう!

関連記事