温度調節

投稿日:
oyful joyfulさんによる写真ACからの写真
oyful joyfulさんによる写真ACからの写真

 

おはようございます。

 

この数日は少し過ごしやすいですね。

しかし、また暑い日が戻ってくるとのこと。

暑い外と冷房の効いた室内とを行ったり来たりするので

身体が温度差になかなかついていきません。

 

そういいつつも職場に戻ればエアコンが効いてますし

自宅でも常にエアコンをかけているので

一日の大半は涼しいところで過ごしています。

 

ところがこの暑さでも

エアコンをかけない高齢者がいるんですよね。

「何でエアコンかけないの?」

って聞くと

「寒い。」

とか

「もったいない。」

「なんちゃ暑ないのに。」

なんて答えが返ってきます。

 

こんなに暑いのに~~

と思いますが

私もだんだんとその気持ちが分かるようになってきました。

 

冷房が直接当たると皮膚がピリピリする!

 

これが高齢者の言う「痛い」ってやつなのかな?

 

エアコンの風を直接体にあてないように

ルーバーを自動で動かしたり

横に向けたり

上に向けたり。

あんまり低い温度に設定せずに

外気温との差で涼しく感じるようにしたり

高めの温度設定で扇風機を一緒に使ったり。

あの手この手を使って快適に過ごせるようにしてます。

 

しかし、高齢者にはそんな調整をするのは

難しいかもしれません。

 

だからといって放っておくわけにも行きません。

最近の暑さは尋常じゃありません。

一昔前の感覚で

「大丈夫」

だと思うことは危険です。

 

在宅で暮らしている高齢者のところに行く

ケアマネやヘルパーは

常に気をつけてあげましょう。

 

「エアコンをつけてね。」

というと

ついてはいるが、冷房じゃなくて暖房だった・・・

なんて話、ケアマネあるあるですからね。

エアコンの温度設定以前に

冷房になってるか暖房になってるかも確認が必要ですね。

 

さて、今後1か月は平年並みに暑い日が続きそうです。

利用高齢者だけでなく

私たちも水分補給や温度調節に注意しながら

仕事をしましょうね。

 

では、今日も前向きにいきましょう!

 

関連記事