相も変わらずおばちゃんパワー

投稿日:

おはようございます。

 

先日、ある銀行に行ったときのこと。

 

窓口で対応してくれた女の子。

ネームプレートをふと見ると、みたこともない苗字。

 

「栗花落」

 

???

 

読み仮名がないんですよ。

 

き~に~な~るぅ~~~。

 

そこでいつもの、おばちゃんパワー炸裂。

「ねぇねぇ。」

(かのじょぉ…とは、言ってませんよ。)

「変わった苗字ね。

なんて読むの?」

って聞いちゃいました。

 

すると

「つゆです。」

(もしかすると聞き逃して「つゆり」かも…。)

 

ほ~~、そういえば栗の花が落ちる頃から梅雨に入るな。

そんなことも言いながら

「ごめんね~、気になったから。」

 

ほんとは

「え~、どこの出身?

珍しい苗字なんちゃうん?」

って聞きたかったけど

「いやいや、窓口、窓口。

個人情報が…。」

と思って我慢しました!

 

後でネットで調べてみると

「つゆり」とか「つゆいり」さんと言う苗字で、全国でおよそ60人しかいないとか?!

やっぱり珍しい苗字だったみたい。

 

いつもは、一応おとなしく、おしとやかにしている(つもり)のですが

こんな気になることがあるときは、ついついおばちゃんになってしまいます。

「うんうん、それで~?」

って、いかにも親しげに話かけたりしちゃいます。

若いうちには恥ずかしくてできなかったことが、年と共にできるようになってきて

いよいよおばちゃんだわ~と、おかしいやら、悲しいやら。

 

「でも、気になることがすぐに解決できるんだからいいよね!」

って。

 

あくまでポジティブなおばちゃんであった。笑

 

さて、今日は土曜日です。

良い休日をお過ごしください!

 

関連記事