相続財産

投稿日:

おはようございます。

 

夕方、家に帰ろうとしていると

珍しく子どもから電話がありました。

「なにかな?」

と思って電話に出ると

「市役所の人が来てる。」

 

何だろうと思って電話を代わってもらうと

以前成年後見人をしていた人の持っていた不動産について

「誰に税金の納付書を送ればいいか

相続人の連絡先を教えてほしい。」

って。

 

ええ~っ?!

 

いやいやいや

そんなこと教えられんでしょう。

本人が亡くなってるから後見人としての職務は終わってるし

職務中に知り得た個人情報についての守秘義務は

本人が亡くなった後でも継続してるし。

 

市役所も業務でしょうけど

職権で相続人を調べることができるんだから

それはやってちょうだいよ。

 

・・・って

そんなことは言いませんけど

丁寧にお断りさせていただきました。

 

しかし、人が亡くなった後って

いろいろな手続きが必要なんですよね。

 

他にも成年後見人をしていますが

被後見人の身内が亡くなって

その人が財産を相続したことがあったんです。

手続き自体は専門家に依頼しましたが

時間はかかるし

手間はかかるし。

 

不動産とか相続した場合は

市役所の人が来たように固定資産税を払わないといけないし。

その他もろもろ

ずいぶん後になってから請求が来たりしました。

 

昔と比べて子供の数も減ってますが

だからと言って相続が簡単に済むわけではありません。

みんな遠いところに居たり

ときには海外だったりするので手間がかかります。

子どものいない人もいるので

一生懸命働いて買った家やマンションも

相続してくれる人がいないなんてことも起こります。

 

あちこちに空き家が増えているのも分かります。

相続する人がいない

いても手におえないからいらないって言われるんですから。

 

なんだかそういう事例を見るにつれ

切なくなることも・・・。

 

さて、私の一生はどうなんだろう。

誰も構ってくれなかったらどうするんだろうな~。

 

自分の老後が不安になる今日この頃。

どうか不安なく過ごせますように。笑

 

ただ、こんな事例をたくさん知っているんだから

ちゃんと考えて準備しないといけませんね。

また、それを周りの人に伝えていこうと思います。

 

では、金曜日です。

長いゴールデンウィークに入りますが

良い休日をお過ごしください!

 

関連記事