話し方

投稿日:

おはようございます。

 

先日受けたセミナーでは

講師の話し方にも感動しました。

 

何に感動したかというと

よく言ってしまう

「え~」「あの」「ちょっと」

などの言葉を、一回も使わなかった!ってこと。

 

一日半のセミナーの間

ただの一度もそんな言葉を使いませんでした。

 

おまけに言葉がきれいなんですね。

特別な専門用語は使いません。

なのに、相手に伝わる。

他の言葉に言い換えて

誰にでもわかるように話してくれる。

 

どうやったらそんなことができるのか?

 

そのコツ、やり方についても

すべてオープンにして教えてくれるんです。

 

どんなことをしているのかというと

 

「ぼくは、自分のしゃべったことを

しゃべりっぱなしにはしません。」

 

「え?どういうことだろう?」

って、思いませんか?

 

「僕は自分のセミナーはすべて録音しています。

そして、後で聞き直して修正していくんです。」

と、言っていました。

 

特に「でも」などのネガティブな言葉は

絶対に使わないように気を付けているそうです。

 

確かに、言ってませんでした。

 

講師が言うには

「でもなどの言葉をのけていくと

そこにほかの言葉を入れようと、脳が勝手に探し始めるんです。

それによって相手に伝わる言葉が出てくるようになりますよ。」

とのこと。

 

これを今も、毎回行っているそうで

有名な講師であるにも関わらず

普段から行っている努力というのは

並大抵のものではないんだと、驚きました。

 

それに比べて、自分は…と反省。

努力が足りませんね。

 

まずは、自分の普段使っている言葉から

「でも」などのネガティブ言葉をそぎ落としていきます。

語彙力が増えるように

専門用語以外の言葉で伝えられるように努力します。

 

皆さんは、人に何かを伝えようとするとき

気を付けていることはありますか?

 

では、今日も風が強いですが

良い休日をお過ごしください!!

 

関連記事

  • お得だよ~お得だよ~ おはようございます。 来週15日は、私の大好きなセミ […]
  • 自分ブランド自分ブランド おはようございます。 今日は私の好きな「セミコン」の話。 […]
  • 楽しいワーク楽しいワーク おはようございます。 土曜日にマインドマップの研修を開催しま […]
  • 今年もセミコン今年もセミコン おはようございます。 先日もセミコンのお誘いをしたかと思いま […]
  • 思考の仕方思考の仕方 おはようございます。 研修会などに参加したとき、発表が当たっ […]