子どもに向けて 顔出しOK

投稿日:

おはようございます。

 

先日、「タイガーマスク運動」のきっかけとなった「伊達直人」さんが実名と素顔を公開しましたね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161209-00010011-abema-soci

群馬県の会社員、河村正剛さん。

若干43歳。

 

この方が児童擁護施設に10個のランドセルをプレゼントしたのは、2010年のクリスマス。

今から6年前。

と言うことは、まだ37歳のときですよね。

ランドセルって、決して安いものではありません。

それを30代の普通の会社員が、10個もプレゼントするというのは、とても大変なことだと思うんです。

 

河村さん自身、家庭環境に恵まれず、ランドセルを買ってもらえなかったとのこと。

「子どもたちに、自分と同じような経験をさせたくない。」

と、このランドセルと送る活動を始めたそうです。

 

ほんと、すごい人だと思います。

みんな同じような思いはあっても、なかなか実行に移すことは難しい。

そして、実行したとしても、それを続けていくことはもっと難しい。

 

今回、実名と顔を出したのは、活動を始めて数年がたち、だんだんと忘れられていくことを危惧してだそうです。

「顔が見えたほうが、子どもたちの励みにもなると思って。」

とのこと。

 

また、施設にいる間は様々な支援が受けられても

施設を出てからは支援が届かない。

そのことを大勢の人に知ってもらい、行政も巻き込んでいきたいと思ってのことだそうです。

 

まだまだ、これからも子どもたちのために活動を続けていくのだと思います。

私はこの河村さんのように立派なことはできませんが、一人でも寂しい思いをする子どもが減ってほしいと願っています。

 

では、今日も良い休日を!

 

 

関連記事

  • 休日のお出かけ先に休日のお出かけ先に おはようございます。 祭日ですね~。春分の日ですが、みな […]
  • 釈然としないわ釈然としないわ おはようございます。 少し前に札幌で大勢の人が亡くなる火事が […]
  • あすのば給付金あすのば給付金 おはようございます。 あっという間に師走が来て来年のこと […]
  • 今の辛抱今の辛抱 おはようございます。 昨日はお花見行きましたか?今日、行 […]
  • 出張相談会とバザー出張相談会とバザー おはようございます。 昨日は生活福祉資金の教育支援資金などの […]