FP協会研修の感想

投稿日:

おはようございます。


先日、知り合いのファイナンシャルプランナーの方に声をかけていただき
ファイナンシャルプランナー協会の香川支部で
研修の講師をさせてもらいました。

香川県下のファイナンシャルプランナーさんが集まるということで
とても緊張しました~。

それでも
まずまずの反応をいただき
いい経験をさせてもらったと思います。

この時にどんなことを話したかというと
もちろんお金にまつわる話なんですが
公的社会保障の活用方法についてです。

例えば
介護保険を利用しているときや
離婚したとき
障害のサービスを使うとき
必要なお金を制度やサービスを使って
どのように調整していくのか
それらを自分の年金や貯金とどのように組み合わせていくのか
そんな話をしたんです。

ファイナンシャルプランナーといっても
常には不動産屋や銀行、証券会社、税理士、司法書士など
ほかの仕事も行っていることがほとんどとのこと。

施設に入る相談を受けることがあっても
公的な社会保障についてはあまり知識がなかったり
職域から見てしまうので
一方向的な見方になってしまうこともあるようです。

今回は事例をもとに
このような場合には
こういった社会保障やサービスが使えたり
もらえるお金もあるということを伝えました。

アンケートも取っていたそうで
数日前に声をかけてくれた方から
その結果が送られてきました。

中を見ると
「公的社会保障の使い方の、具体的な説明を聞けてとても参考になった。」
「公的な制度について具体例で分かりやすかった。」
「今後の実務に活かします。」
と、めちゃくちゃうれしい感想ばかり。

人の生活にお金って
切っても切り離せないものです。

若いうち、いえいえ、こどものうちから
お金との付き合い方を考えて
最終的にはお金に振り回されない
自由で豊かな生活を手に入れましょうね。


では、土曜日です。
良い休日をお過ごしください!

 

関連記事