いわゆるコロナ加算終了

投稿日:
akizouさんによる写真ACからの写真

 

おはようございます。

昨年、新型コロナウイルスが流行ってから
介護保険の施設にもいろいろと厚労省からの通知が届きました。

その中に、通所系サービスの利用料を
2区分上の算定ができるようになった
特別な加算がありましたが
それが、3月末で終了します。

先日送られてきた
介護保険最新情報vol915
http://www.care-mane.com/pdf/feature/q&a/vol915.pdf

まだまだコロナが落ち着いてませんが
コロナ特例はいったん終わりにして
代わりの案を出しています。

これまでのコロナ特例は
実際に利用者減などの影響が出ていなくても
2段階上の単価が請求できたのですが
それを見直して
実際に利用者が減ったかどうかを見て
基本報酬を変えるという話になりそうです。

今は
実際に利用者が前年度の平均延べ利用者数から
5%以上減少した事業所の基本報酬を
3ヵ月間にわたって3%加算するという案が出ているそうです。

でもさ~

この前年度って今の年度のことでしょ?

そもそも
令和2年度って、コロナのせいで
デイの利用者って減ってなかった?

そこを比べても仕方ないでしょ?

と、思うのは私だけかしらねぇ。

まあ

そもそも厚労省は介護保険の給付を上げようとは思ってないし
こういった目くらましでケアマネや事業所を騙そうとしてる

って

私は思っちゃうんだよねぇ~。

まあ、ないよりはましだけど
ほんとにこの新しい加算
取れる事業所がどれだけあるんだろうか?
と、疑問に思います。

しかし

今の加算は3月末で終了するので
その対応はきちんとしていきましょうね。

改定の内容などについては
いくらでも通知が出てくるので
これだけの対応は難しいかもしれませんが
しっかり、守ってあげてほしいと思います。


では、前向きに頑張りましょう!

 

関連記事