イレウス

投稿日:

おはようございます。


お盆の最終日ですが、仕事している人も多いでしょう。


今日は、高齢者がよくかかる病気
「イレウス(腸閉塞)」
について。


知っていると思いますが、イレウスとは
お腹の中の腸が細くなったり、動きが悪くなったりすることで
食べ物などが詰まってしまう病気です。

イレウスになる原因はいろいろありますが
便秘が長期間続いている場合が多いようです。


高齢者には便秘の人多いですよね。

排便を促す薬を飲んでいる人もいます。
病院できちんと処方してもらっている場合もありますが
市販の便秘薬を飲んでいる人も見かけます。

しかし、これは注意が必要です。

私達でも同じなんですが、薬の刺激で便を出すので
自然排便がますます難しくなり、薬の量が増えていきます。

頑固な便秘を薬によって作り出してしまう、なんてことになったりします。


では、イレウスになるとどんな症状が出るのか?

イレウスは腸が詰まる病気なので、げっぷや嘔吐、痛みが出たりします。

軽いうちは便秘に伴う症状と勘違いするかも知れません。

でも、放っておくと大変です。
ひどくなると詰まったところの腸が壊死することもあるとのこと。


イレウスと一口に言ってもいろんなタイプがあるようです。
その種類によっては手術を勧められます。

ただ、手術をしても再発する可能性が高い病気です。
再発を予防するためには術後、食事に注意する必要があります。


患者や家族は、先生や看護師さん、栄養士さんなどから

消化の良いものを摂る。
たくさん食べ過ぎない。
よく噛んで食べる。
冷たいものを食べ過ぎない。
毎日排便する。

なんてことを指導されます。


しかし、高齢者の皆さん、聞いてません。

病院からは指導されたはずなんですが、ほとんど覚えていません。


でも、仕方ないのかも知れないと思ったりします。

なぜか?


その話は長くなるので、また明日。


では、月曜日です。
今週も元気に行きましょう!

関連記事

  • イレウス2イレウス2 おはようございます。昨日の続きです。高齢になってくると運動量も少なくな […]
  • 飲みこみと栄養飲みこみと栄養 tmさんによるの写真ACからの写真 おはようございます。 […]
  • 高齢者の飲みこみについて高齢者の飲みこみについて acworksさんによる写真ACからの写真 おはようございま […]
  • 誤嚥と肺炎誤嚥と肺炎 おはようございます。 昨日は香川県歯科医師会との合同研修でし […]
  • チームの力チームの力 おはようございます。 土曜日の夜は、歯科医師会で講演でした。 […]