デイサービスのアウトカム評価

投稿日:

おはようございます。

 

介護保険の改正で、以前から言われているアウトカム評価が

導入されることになりそうです。

 

導入されるのはデイサービスで。

 

評価期間の間に、そのデイサービスを利用した人のADLが

維持・改善された場合(一定のレベル以上ないといけません)

その後の一定期間にわたって高い対価を得られるようにする

という案が出ているそうです。

 

でも、維持・改善されたかどうかなんて

どうやって知るの?と思いますよね。

やっぱり介護度でしょうか?

 

いえ、今回の指標は

 Barthel Index(バーセルインデックス)」

というものだそうです。

 

これは世界的に最も普及していると言われる

ADLの評価スケールだそうです。

リハビリ職の人は良く知っているのかなと思いますが

始めて聞くという人のために

参考になるサイトがあったので貼り付けておきます。

https://rehabili-shigoto.com/magazine/archives/7911

 

面倒なのか?と思ったのですが

本人のできることに着目して点数化していくもので

比較的簡単に評価できるようです。

 

ケアマネがケアプランを作るとき

どこに注目するとADLが改善するのか

何を目標にもっていけばいいのか

悩むことも多いでしょうが

バーセルインデックスの内容を見ると

そのヒントになると思います。

 

こういった指標はデイの職員やリハビリ職の人だけでなく

ケアマネも知っておいて、ケアプランの作成やその前のアセスメントなどに

しっかり生かしていくようにしましょう。

 

これからデイサービスを利用している人のアウトカム評価で

使ったり、目にしたり、耳にしたりするでしょう。

担当者会議で「バーセルインデックスで評価したところ~。」と言われて

「へ?何それ?」なんて話にならないように

ちょっと覗いて、どんなものか試すくらいはしておきましょう。

 

ただ、ケアプランの参考になるから

簡単だからと、これだけですべてを評価するのは反対です。

訪問介護や訪問看護、訪問リハビリ

家族や友人との交流で生まれる趣味や生きがい

生活の質についても評価すべきだと思います。

 

今は身体的な機能の向上に力を入れていますが

生活の質にも注目してくれるよう意見を出していきましょう。

 

では、今日も寒いですが、元気にいきましょう!

 

関連記事