ハラスメント対策

投稿日:

おはようございます。


職場におけるパワーハラスメント対策が
事業主の義務になりました!
https://www.mhlw.go.jp/content/11900000/000611025.pdf

中小企業は今年、
令和4年4月1日から義務化なので、
きちんと整えて周知していきましょう。

あ、もうやってるか。(笑)

どんなことをしておくべきか

ハラスメントの中でもセクハラ、マタハラ対策は
既に義務化されています。

今回義務化されるのは、
「労働施策総合推進法」の中で事業主のパワハラ対策の義務化。
https://jsite.mhlw.go.jp/tokyo-roudoukyoku/00330.html

こちらは就業規則の改定もしくは補足、
及び相談窓口の設置、従業員への周知が必要となるんだそうです。

相談窓口の設置をしたら、重要事項説明書などに追記して
事業所内に掲示しておきましょう。

従業員がいる事業所なら、
従業員にも周知して、みんなが知っている状態にしておきましょう。

また、定期的な研修を実施して、
社内の意識改革にも努めましょう。

社内アンケート調査をするとか、
気軽に相談できる窓口も設置しておきましょう。

カスハラ対策も

カスタマーハラスメントというものも存在します。

いわゆる、お客さんからのクレームだけど、
台風のときでも、何が何でもサービスに来い!
とか、
客なんだから、言うことを聞け!
なんてやつですね。

こんな場合、介護や福祉サービスは対応が難しいというか、
とても下手だったのですが、
これらについても入れておくことを勧めています。

例えば、上記のようなことが頻繁に続くような契約者に対し、
介護、福祉の事業所は何も対応ができない…なんていうところが多かったのです。

が、今回は
「信頼失墜行為をした場合は契約を解除できる。」
というような文言を入れておけば、
事業所側からの契約解除ができるので入れておきましょう。

かといって、
なんでもかんでも契約解除したらいいって話じゃないですよ。(笑)

厚労省もいろいろと例を出していますので、
ハラスメント対策に活用してみてください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_05120.html


4月からは義務化になっています。
もし、「まだやってないや!」と思ったところは、
速攻、作って共有しておきましょう。


では、今日も元気にいきましょう!

関連記事

  • 制度改正 通所と訪問介護制度改正 通所と訪問介護 おはようございます。 う~~んという改正案が通りそうです […]
  • 通所サービスから訪問通所サービスから訪問 おはようございます。 次の制度改正では訪問介護と通所介護の組 […]
  • 次の改正次の改正 おはようございます。 介護保険の改正を2024年度に控えてそ […]
  • 次の改定の方向性次の改定の方向性 おはようございます。介護保険って毎回いってますが3年に1度の制度の見直しが […]
  • 人手不足人手不足 おはようございます。介護・福祉業界は慢性的な人手不足で、今後増えることが確 […]