家族の想い

投稿日:

おはようございます。

 

昨年の夏に、認知症の妻を夫が刺殺する事件がありました。

その裁判が先週あったようです。

 

この事件

亡くなった妻は87歳

刺してしまった夫は86歳

高齢者の二人暮らしだったとのこと。

 

サービスを使っていなかったのか?と思ったのですが

週に6日間はデイサービスと訪問介護を利用していたそうです。

 

ケアマネや別居の息子からも

特養への入所を勧められていたそうですが

一人暮らしになる不安や

お金の不安

周りから冷たいと思われることを恐れて

ずっと拒否していたとのこと。

 

ケアマネや息子は

もともと夫が亭主関白で

認知症と分かっていても妻の言動に腹を立て

怒鳴ることが増えていたため心配していたそうです。

 

事件の発端は

朝食を食べたにもかかわらず

何度も要求されたこと。

 

それで事件になってしまったんだけど

関わっていたケアマネも

家族である息子たちも

ショックだっただろうな~と。

 

裁判では裁判長から「身勝手」と言われたようですが

確かにそうなんだけど・・・

もともと亭主関白で人の意見を聞かない人だったともいうけど

この夫が今まで亭主関白で好きにできてたのは

妻がいたからなんだよね。

実は夫は妻を頼りにしてたんじゃないのかな~?

意識してたかどうかは分からないけど

妻がいなくなることをすごく恐れてたんじゃなかろうかと

そんな気がするんだよね。

 

それが自分は話し合いの中に入らせてもらえず

ケアマネや息子が施設入所の話しばっかりするから

意地になって拒否してたのかも知れないな~なんて思ったりして。

 

ケアマネやってると

「こうした方がいいのにな」と思っても

なかなか了承してくれない、本人や家族がいる。

それは、仕方がないことだと思うけど

外から見て客観的な判断ができる人と

その家で暮らしてる人とでは

想いが違うんだよね。

 

私も過去にいろんな苦い経験があるって

「あの時にもっと分かってあげられてたら・・・。」

と思うこともいっぱいあった。

 

絶対にうまくいく方法や

完璧な解決方法って言うのはないけど

出来るだけ、利用者や家族の気持ちに寄り添えるようになりたいと思う。

その気持ちを考えながら

一番いい解決方法を考えていこう。

 

では、月曜日です。

今週も前向きにいきましょう!

 

関連記事