少し離れたところから

投稿日:

おはようございます。

 

いろんな相談がやってきますが

あいも変わらず
困った家族というのはいて
利用者の年金で生活してたり
まあ、それ自体は悪いことだとは言いませんが
生活費に使うならまだしも
ギャンブルにつぎ込んで
負けては、追加のお金を要求する子供ってのも
悲しいかな、結構存在してるんですよね。

そんな家族を持つ高齢要介護者の担当になったケアマネは
どうしたものかと、悶々とする。

難しいですよね。

家族には家族の事情があったり
愛情もあるので
子どもが困っていると思うと
親は自分が困ることが分かっていても
ついつい助けてしまう。

あるいは
隣近所や親せきに体裁が悪いから
なかったことにしたり
お金を出すことで隠そうとしたり。

どうにもならないことが分かっていても
そうすることしかできない。

きっとそうなんでしょうね。

ただ、放っておけば問題はどんどん複雑になり
傷は深くなっていく。

いかに早めに対処していくかが大事なんです。

でも

頭ではわかっていても
自分から動くことができない。

そんな時には一度物事を分解して整理してみましょう。

介護のこと
お金のこと
家事や仕事のこと
子どものこと、孫のこと
一番困っている人の心のこと

いったん、それぞれバラバラにして
少し離れたところから眺めてみるように助言してみてください。

本人が何に困っているのか
これから先どうするのが一番いいのか
本人に考えて答えを出してもらいましょう。


では、今日も暑いですが
笑顔でいきましょう!

 

関連記事