機会と環境

投稿日:
まつなが ひでとしさんによる写真ACからの写真

 

おはようございます。


月1回
県外の中学生とZOOMで話す機会があるんですが
「今年の夏休みは短いの?」
と、聞いてみました。

高松はほとんど公立の中学校なので
コロナで登校できなかった分
夏休みが短いそうなんですね。

だから、そっちはどうなの?と
聞いてみたわけですが
「いえ、いつもと同じです。」
との返事。

ああ、そうか。
その子たちの学校は私立だった。

コロナで学校に通えない間も
リモート学習で普通に授業があったそうなんです。

宿題も以前からグーグル会議で共有されていて
そのまま先生に提出。

紙ベースで出すことはほとんどないとのこと。

コロナで学校に行けなくても
何も困らなかったそうなんですよ。


すごいな~と思いながら
なんで日本の公立学校って
そういうことができないんだろう・・・って。

こんなことを言うと
私立だから・・・
公立だから・・・
お金があるところはできるけどないところは・・・
いや、公立は全員に同じことをしないと・・・
こんな返事がすぐに返ってきますが
そういう返事じたい残念なことだと思うんですけどね~。

その子たちの話を聞きながら
勉強する機会、環境を与えてもらえるのが
いかに幸せなことなのかということ。
それすらも与えてもらえない普通の中学生って
というか
それすら与えられない
私たち大人ってどうなんだ・・・と。


もっともっと
子供に勉強する機会、環境を与えられるように
大人が声を上げていきましょう。

 

では、今日も良い休日をお過ごしください。

 

関連記事

  • 今の辛抱今の辛抱 おはようございます。 昨日はお花見行きましたか?今日、行 […]
  • 自己肯定感自己肯定感 おはようございます。 ある肝っ玉お母さんと「生活が落ち着 […]
  • 休日のお出かけ先に休日のお出かけ先に おはようございます。 祭日ですね~。春分の日ですが、みな […]
  • 子どもに向けて 顔出しOK子どもに向けて 顔出しOK おはようございます。 先日、「タイガーマスク運動」のきっかけ […]
  • 応援応援 おはようございます。 明日からさくらやの馬場さんがクラウドフ […]