次の改定

投稿日:
acworksさんによる写真ACからの写真

 

おはようございます。


年度末の介護保険制度改定に向けて
社会保障審議会の介護給付費分科会で検討がされています。

3年に1度の改正ですが
今回は新型コロナの対応なども入ってきて
またまた、ややこしいものになりそうな予感が・・・。

ただ、期待しているうちの一つが
特養の入所要件の緩和。

知っての通り
現在は要介護3以上でないと特養の入所申し込みができません。

今回、介護給付費分科会に出席している委員から
この要介護3以上という入所要件を見直してほしいという
要望が出たようです。

この要介護3以上という要件は
介護保険が始まった当初はありませんでした。

2015年からの制度改定で
特養の入所要件に要介護3以上の重度者という要件が加わり
今まで入れていた要介護1、2の人は
その対象から外れてしまったのです。

現在、国は要介護2までの人は「軽度者」としています。

でも、要介護1の人でも
認知症があって目が離せない状態の人もいます。

使えるサービス量も少なく
家族が疲弊している
家族もいなくて、周りが困っている
または、本人が危険な状態にある
そんな人もいます。

要介護1、2の人でも特例として入所できる場合がありますが
「入れた」という話はほとんど聞いたことがありません。

お金があれば有料老人ホームや
サービス付き高齢者向け住宅に入ることもできますが
低所得の高齢者の場合はそうもいきません。

やはり、費用が安く抑えられる
特養はとてもありがたい存在なんです。

今回の意見はとても嬉しく思いますが
ただ、簡単に変更になるとも思えないので
今後の動向を見守っていきたいと思います。


では、月曜日です。
今週も張り切っていきましょう!

 

 

関連記事

  • 進んでますか?進んでますか? おはようございます。4月からの制度改定で利用者や家族に対して直近6カ月間の […]
  • BCP計画BCP計画 KWORKさんによる写真ACからの写真 おはようございます。 […]
  • 負担増負担増 acworksさんによる写真ACからの写真 おはようございま […]
  • みんなで読もうみんなで読もう ujiwaraさんによる写真ACからの写真 おはようございま […]
  • 解釈通知2解釈通知2 FineGraphicsさんによる写真ACからの写真. おは […]