若者とおせっかいおばちゃん

投稿日:

おはようございます。

 

この前、まだ10代の若者と食事をしました。

 

男の子なんですけど、にこにこしてかわいかったです。笑

 

まあ、しゃべりは今どきの若者言葉。

「…っすよ。」

って、語尾に必ず「す」がつく。

 

それにも笑いつつ、いろんな話をしたんです。

この子には他にも関わってくれる大人がいるんですが

その人たちはとっても真面目で(私が不真面目って話じゃないですよ!)

ひとつひとつ事細かに指導をしたり、意見をしていくんです。

 

確かにやらないといけないことなんですが

毎回、毎回言われる方にしてみれば、かなり負担なようで…。

 

今回の私の役目は、気分転換をさせて、これから先の目標を明確にさせること。

 

だから少しだけ質問しましたが、その返事が

「いろいろ考えてみるんすけど、全然解決の仕方が分からんっすから

『あ~っ、もうええわ!』ってなるんすよ。」

 

「そうか、そうか。

君にはモデルになる人がおらんもんな~。」

 

見たことない、聞いたことない、教えてもらったことない。

ないないずくしでどうしていいのか分からなくって

とまどって、最後にはあきらめてる。

そんなふうに受け取れました。

 

でも、食事をするところまで車に乗って移動したとき

「大きい車ですね。」

っていうので

「中古で安いんだよ。」

というと

「いくらっすか?!」

 

で、本体価格はこれくらいで、それに諸費用がついてこれくらいになって…と

具体的に説明しました。

そうすると、どうやらイメージがわいて理解できるみたいなんですね。

 

考える力がないとか弱いんじゃなくて、イメージができないから分からない

というのが、正直なところじゃないかな~と。

 

ですから、関わる人たちには

「まず、写真などでイメージしやすくするなど

具体的に目に見えるようにしてから話をしてください。」

とお願いしました。

 

彼の目標は

「今の仕事を覚えて、独立すること。」

 

その目標に向かって、あんまり寄り道せずに歩んでほしいな~と

ついつい思ってしまった、おせっかいなおばちゃんでした。

 

では、今日はとってもいい天気ですね。

まだ少し桜が残っているので、お花見もいいかもしれませんね。

良い休日をお過ごしください!

 

関連記事