高齢者の入院

投稿日:

おはようございます.

 

先日熊本地裁で、入院中に転倒し全身麻痺の障害をおった認知症男性の親族が

入院していた病院に対して損害賠償請求を求めていた裁判で

地裁は約2770万円の支払いを命じたそうです。

 

この男性は90歳を超えていて

歩くときにはふらつきが見られて

転倒する危険性が予測できたのにもかかわらず

速やかに介助できるようにする注意義務を怠ったと言うことで

こういった判決が出たみたいです。

 

詳細はわからないんですが

この話を聞いたときに介護施設のことかと思ったんです。

ところが病院だって言うからびっくりしました。

 

病院にはいろんな人が入院してきます。

感染症の人もいれば、骨折をした人

大きな手術をした後の人などさまざまです。

年齢も生まれたての赤ちゃんから100歳を超える人まで

男性もいれば女性もいる。

もちろん認知症の人もいます。

ほんとにさまざまです。

 

認知症の人が入院すると

現場は手間がかかって大変だということは理解できます。

私も担当している認知症の利用者が入院したときには

夜中に徘徊したりして手間をかけました。

そのために夜間の付き添いを求められ

家族は仕事が終わって一旦家に帰ってから

病院の付き添いに戻ってきたりして

とても大変な思いをしているのを何度も見てきました。

でも、治療が必要だから入院していました。

 

今回の裁判の詳しいことは分からないですが

家族はついてなかったんでしょうか。

ただ、家族がついていてもいなくても

どこにいても事故って起こるものです。

病院だから介護施設だからって事故を100%予防することはできません。

それに、病院は病気を治すところであって

介護をするところではありません。

 

今回のケースは裁判になるくらいですから

よっぽど腹立たしく思う理由があったんでしょうけど

こんな裁判結果が続くと

ふらつきがある高齢者や認知症の人は

病院が受け入れてくれなくなるんじゃないかと心配です。

 

病院の対応にも時々首をかしげたくなることもあるんですが

それでもこんな裁判を何度も何度も起こされてしまうと

病院はますます高齢者を受け入れにくくなるのではないでしょうか。

 

ただでさえ高齢になっていると言うことで

抵抗力が落ちている人を入院させているうちに

何かの感染症に罹患させてしまったとか

今回と同じように転倒して骨折させてしまったとか

食事を喉に詰まらせてしまったとか・・・。

いろんなことがリスクとしていくらでも上がってくるんです。

 

日本の高齢化はどんどん進んでいます。

歳をとれば病気になる

怪我をする確率はますます高くなります。

 

そんな時に病院が高齢だから、認知症だからと言う理由で

入院を拒否することにならないのかとそれが心配されます。

 

最近は家族のいない人もたくさんいます。

入院もできない、頼る家族もいない

そんな時にはどうすれば良いのか。

 

こういったことを、今後社会全体で考えていかないければいけないのかもしれません。

そうしなければ私たちが高齢者になったときに

病気になっても入院できない社会になってしまいますよ。

 

では、今週は少し寒くなるそうです。

体調に気をつけて、元気にいきましょう!

関連記事

  • 訴訟時代訴訟時代 おはようございます。 昨日は節分でしたね。恵方巻きは食べ […]
  • 思い込み?本当の話し?思い込み?本当の話し? おはようございます。 朝のワイドショーを見てたら近所の方 […]
  • 入院時の保証人問題入院時の保証人問題 おはようございます。 おひとり様で老後を迎える人や親族が […]
  • 銀行窓口も大変銀行窓口も大変 おはようございます。 少し前に、珍しく銀行の窓口に行ってたん […]
  • 加湿器リコール加湿器リコール おはようございます。 先日、香川県介護支援専門員協議会の方へ […]