昨日に引き続き、ロングショート利用時の面接

投稿日:

おはようございます。

 

昨日は

ロングショート利用時の面接場所を自宅で行うように!

とお知らせしました。

 

気になって何人かに確認したのですが

皆さん優秀です!

聞いた人みんな

「ショート先でも面接してるし、家に帰ったときにも会いに行っています。」

って返事でした。

 

さすが!!

 

やはり、自宅の様子も、ショート先の様子も気になるとのことで

できるだけ両方で面接するように頑張っているとのこと。

 

そうですよね。

どちらの様子も気になりますよね。

 

介護保険課の話しでは

「自宅に帰ったときに面接していればショート先まで行ってくださいとは言いません。」

と、ショート先に行く負担をかけたくないというようないいかたでした。

 

でも、1ヶ月まるごとショートステイっていうときなんかに

ショート先の様子もモニタリング、アセスメントしていないと

その利用者の本当の状況はつかめないと思います。

 

昨日のいいぶりなら、たとえロングショートであっても

ショート先でのモニタリングは必要ないということです。

介護認定の更新時や短期目標の期間終了時などは

自宅、ショート先の両方で面接して

きっちりとアセスメントしましょう。

 

ロングショート利用のケアプランは

とかくマンネリ化してしまいます。

どちらの状況もきちんと確認してアセスメントし

できれば課題整理総括表を使って分析しましょう。

そうすればきっと新しい目標が見えてくると思いますよ。

 

しっかり手間をかけているんですから

その分評価されるようなケアプランを作っていきましょうね!

 

では、毎日忙しいですが

心を亡くさないように、笑顔でいきましょう!

 

 

関連記事