こんなときは逃げよう

投稿日:
acworksさんによる写真ACからの写真

 

おはようございます。

 

知り合いが
問題の多い人の面倒を見ていたんですが
なんども迷惑をかけられすぎて
さすがに「しんどくなった。」
と相談がありました。

 

対象者は知り合い以外の周りの人にも
多大な迷惑を頻繁にかけており
警察を呼んだことも何回もあるそうです。

そのたびに助けに行ったり
周りの人に謝ったり
知り合いが手伝っていたそうなんです。

でも、何回もそんなことが重なると
さすがに心優しい知り合いも我慢が出来なくなって
「もういい加減にしてほしい。」
と伝えたそうです。

 

ところが!

対象者は反省するどころか
「なんでお前は何にもしないんだ!!」
と、怒るそうなんです。

「え~っ?!!」
ですよね~。

知り合いは
「あの人と話をしていると
自分が悪いことをしているような気になってくる。
私が間違っているのだろうか?」
って言うんですよ。

 

いえいえ
とんでもない。

家族でもないし
損得なしで手伝っているのに
そんなことを言われる筋合いはありません。

それに、社会規範や法律に照らし合わせても
対象者が言っていることが間違っていて
知り合いはそれに巻き込まれているだけだと感じました。

 

こんな人、周りにもいますよね。

どんなことがあっても
「自分は悪くない!
悪いのは言うことを聞かないあいつだ!
自分は被害者なんだ!」
って言うんですよね。

今まで出会った
薬物やギャンブル依存症の人の
言うことによく似てるんです。

家族に隠れてアルコールを飲んだり
借金をしてまでギャンブルに依存したり
その借金を「もうしない」という約束の元
家族が肩代わりをする。
でも、またすぐに借金をしてしまう。

結局、家族にばれて怒られたときに
逆切れして言う言葉とよく似てるな~って。

 

本人にとって世話を焼いてくれる家族は
自分の言うことを聞く家来と思ってるんじゃないかな?

自分の言っていることが正しい。
家族は間違っている。
だから自分が正してやってるんだ。
自分は悪くないし
正しいことを言っている自分の言うことを聞かない家族が悪い。
なんてけしからんやつだ!!

そんなふうに考えているんじゃないかな?

でも、誰が困るの?
本人だよね?
それに、本人は二十歳も超えて成人してるよね。
二十歳を超えたら大人だよね。
大人だったら自分で責任取らなくちゃいけないよね。
誰かが何とかしてくれるって考えてるから
やってくれないと「なんでだよ!」って腹が立つ。
自分の問題なのに人の問題にすり替えてるんだよ。

「自分の問題なんだ」
と、しっかり分かってもらうためにも
こういうタイプの人とは距離を置いた方がいいよ。

 

「あなたは悪くないよ。」

気持ちがまいってる知り合いに
こんなふうに言いました。

 

これは精神的支配だと思います。
数年前にあった尼崎事件でも
被害者は加害者に精神的に支配され
犯罪に手を染めています。

極端な例だと思うかもしれませんが
構図は同じだと思います。

 

善意で関わったのに
その気持ちも分かってもらえず
かえって傷つけられてしまう。

いくら、福祉や介護、ボランティアの現場だからといって
自分を傷つけるようなところ、相手からは
思い切って距離をとりましょう。

自分が燃え尽きてしまわないうちに。

 

今日はちょっと重い話になってしまいましたが
後一日、頑張っていきましょう!

 

関連記事

  • 今回も ちょっとうれしい話今回も ちょっとうれしい話 おはようございます。 介護保険の話をちょっと横に置いといて… […]
  • 連携連携 おはようございます。 民生委員やコミニティ協議会、地区社共な […]
  • 観てほしいドラマ観てほしいドラマ おはようございます。 初詣は行きましたか?年賀状はたくさ […]
  • 続けること続けること おはようございます。 今週は再犯防止シンポジウムに参加してき […]
  • Chance!! Chance!!  おはようございます。 ネットでうれしい記事を見つけました。 […]