しっかり聞いてからね

投稿日:
soraraさんによる写真ACからの写真

 

おはようございます。


昨日は家の中で事故にあわないために
住宅改修など優先順位をつけて
予防的にも行った方がいいよ。
そして
それらにかかる大まかな費用も書きました。

でね

介護って
いつ始まるかわからない。
そもそも、始まらないかもわからないけど
何の準備もなく始まったら
めっちゃ大変!
って、ものなんですよね。

介護が必要になった本人も
なかなか現実が受け止められずにパニックになったり
周りの家族も受け入れが出来ずに大騒ぎになったりします。

ケアマネはそういった状況の本人や家族に
一番初めに会う専門職です。

「あの利用者(家族)は
何にも分かってないんですよ!」
って、思ったり、感じたりするケアマネ
いるかな?
いないかな?(笑)

いないと思いますが
初めて相談に来た、連絡した
というときは特に
不安が大きい状況なので丁寧に話を聞きましょう。

しっかりと聞くことで
お互いの思い違いや
利用者、家族がどの程度介護保険や
本人の状態について理解しているのかが分かります。

そのうえで
住宅改修などの提案も行い
どの程度の費用が掛かるのかも伝えることができれば
利用者、家族も優先順位がつけやすくなるでしょう。

初めに結構な時間をとるようになりますが
そこも説明して
「初めてお会いするので、もしご負担でなければ
しっかりお話を聞かせてくださいね。」
と伝えて、アセスメントを始めましょう。

しょっちゅう言っている
「初めに言えば説明
後から言えば言い訳」
って、やつですね。

それに
お互いの認識をそろえておくと
提案する内容にずれが少なくなります。

相手の困りごとのTOP3にフォーカスできると
「さすがケアマネさん!」
と、感謝されますよ~。


では、今日も天気いいけど
どこかでにわか雨降るかもしれませんね。
張り切っていきましょう!

関連記事

  • 利用者の物語を聞く利用者の物語を聞く おはようございます。毎回、しつこく「アセスメントが大事だよ。」と言っていま […]
  • まずは本人まずは本人 おはようございます。介護や福祉の仕事をしいてあるあるなのが、”本人より声の […]
  • ソロ活ソロ活 おはようございます。昨日の人口減少の話から、最近、ちょこちょこ耳にする […]
  • 誰がではなく、誰もが誰がではなく、誰もが おはようございます。先日、利用者の介護保険証や負担割合証を確認する、確認す […]
  • 終活での話終活での話 おはようございます。時々、ボランティアで、終活の話をしたり、手伝いに行って […]