クリティカルシンキング

投稿日:

おはようございます。

 

毎日うだるような暑さが続いていますが

体調崩していませんか?

 

さて、題に書いた

「クリティカルシンキング」

って知ってます?

 

私も言葉だけは聞いたことある・・・

という程度だったんですが

意味は「批判的思考」だそうです。

 

「批判」と聞くと

「なんか嫌な感じ・・・」

と思う人もいるかもしれませんが

単純に相手の言うことを批判するとか

反対ばっかりするってことじゃありません。

 

議論をするときにいろいろな角度から検討したり

そもそも前提としている条件が正しいのか?

と、疑ってみる・・・なんてこともします。

 

最近離れたところの人とも繋がれるようになったんですが

その人たちと「クリティカルシンキング」について

話をしてるんです。

 

その中に中学生の女の子がいて

学校が「クリティカルに考える」ことを推奨していて

しょっちゅう議論をするそうなんです。

考えたことをまとめて1分や3分でまとめて話す。

そんな授業がいっぱいあるそうなんですよ。

 

すごいですね~。

 

なので、彼女はパワーポイントも使いこなしているし

作る資料もとても見やすく

インパクトのあるものを作ります。

 

で、私が何が言いたいのかというと

ケアマネもそういった考え方が必要なんだということ。

 

アセスメントをとるとき

ケアプランを作るとき

ついつい、自分の経験をもとにした目で見ていることが多いのです。

自分の経験をもとにしたバイアスをかけてしまうんです。

 

自分の経験したことだけで判断するのではなく

その判断がこの場合適切なのか

もしかすると他の原因があるのではないか

そう考えた要因はどこにあるのか

その考えに反証する出来事はなかったか

そういったことを考えながら業務を行いましょう。

 

人は誰でも自分らしい考え方をします。

それがその人を作っているんですから当たり前なんですが

利用者や家族は「私とは違う人」です。

 

ケアマネは何をする人なのか。

利用者や家族は何を望んでいるのか。

 

そういったことを意識しながら

さまざまな仮説を検証しながら

アセスメントやケアプランの作成をしましょう。

 

では、暑さのため

熱中症で運ばれる人もいるみたいです。

水分補給やエアコンをつけるなどの工夫をしましょうね。

 

今週も元気に行きましょう!

 

関連記事