ビールと認知症 意外な関係

投稿日:

おはようございます。

 

先日、ネットのニュースを見ていたら、こんなの見つけました。

「ビールの苦味、認知症予防…蓄積たんぱく質除去」

 

おおっ?!

なになに?

ビールの苦味が認知症予防になるって??

 

ビールやノンアルコール飲料の苦味は、ホップの成分だってことはよく知られてますよね。

その苦味成分にアルツハイマー病の予防効果があるんだって!!

飲料大手のキリンと東京大、学習院大の共同研究チームが調べて、わかったんですって。

 

アルツハイマー型認知症では、脳の中に「アミロイドβ」っていう蛋白質がたまってくるんです。

そこに

ビールを飲む

   ↓

ホップの苦味成分の「イソα酸」

   ↓

脳のなかにある免疫細胞の「ミクログリア」を活性化

   ↓

アミロイドβを除去

   ↓

認知症が改善、認知機能も向上

って、なるらしいです!

 

いや~、いいやん、いいやん。

ビール飲む口実が出来たわ~~。

これからは

「認知症の予防と改善のために飲んでます!」

って、おっきな声で言えるわ。

 

どっかで、「飲みすぎ注意」って声が聞こえてきそうだけど(笑)

何でも一長一短あるってことだね。

悪酔いしない程度に飲みますわ。

 

では、12月に入って忘年会シーズンですね。

朝からですが、皆さんもほどほどに。

良い休日を!

 

関連記事