伝え方の虎の巻

投稿日:

おはようございます。

 

利用者や周りの人

もしかしたら自分も

出会う人の中に、時々「ん?」と思う人がいませんか?

 

最近はよく聞くようになったと思いますが

「発達障がい」

という障がい(特性)を持った人たちがいます。

 

まあ、言葉で書くのが難しいのですが、とにかくいろんな人がいます。

 

大きな音やにぎやかなところが苦手な人

空間認識ができず、道に迷ってばかりの人

コミュニケーションが苦手で、相手の言ったことを言葉通りに受け取る人

固い服を着ることができず、柔らかい服ばかり着る人

相手の表情が読めないため、怒っている人をますます怒らせてしまう人

 

列挙してみると、こんなの誰にでもあることなんですよね。

でも、他の人よりそれが強く出るのが「発達障がい」の人です。

 

私もどこかおかしなところがあって、自己分析では

「こだわりの強い、自閉傾向のある精神疾患」

と思っています。笑

 

人には大なり小なり特徴があって、困りごとがあって

それによって支援する側も苦労しています。

ケアマネ業務をやっていても

「なんでこの人とうまくコミュニケーションが取れないんだろう?」

って悩んでる人も多いんじゃないでしょうか。

 

で、先日、こんなの見つけました。↓

http://www.city.sapporo.jp/shogaifukushi/hattatu/hattatu.html#syokuba

札幌市の発達障がい支援情報のページ

 

この中にある冊子「虎の巻シリーズ」がなかなかの出来栄えです。

特に職場で使える「虎の巻」が、分かりやすくて、支援の仕方も具体的。

職場だけでなく、家庭や学校でも使えると思います。

 

実はこのような配慮は、発達障がいのあるなしにかかわらず必要なものです。

 

利用者や家族に説明するとき、十分に説明したつもりでも

相手に伝わっているかどうかは分かりません。

説明も個別に具体的に、分かりやすく、期限などを切って説明していきましょう。

 

「いつもやってるよ。」

という人も多いと思いますが、口頭だけでなく図に書いてみるとか

少し変えるとうまく伝わることもあります。

 

この「虎の巻シリーズ」漫画なのでとても分かりやすい。

一度目をとおしてみてください。

役に立つこともあると思いますよ。

 

では、今日も元気にいきましょう!

 

関連記事

  • ソロ活ソロ活 おはようございます。昨日の人口減少の話から、最近、ちょこちょこ耳にする […]
  • 誰がではなく、誰もが誰がではなく、誰もが おはようございます。先日、利用者の介護保険証や負担割合証を確認する、確認す […]
  • 終活での話終活での話 おはようございます。時々、ボランティアで、終活の話をしたり、手伝いに行って […]
  • 困ったちゃん2困ったちゃん2 おはようございます。昨日は「人を変えることはできないよ。」なんてこ […]
  • 困ったちゃんへの対応は?困ったちゃんへの対応は? おはようございます。先日、ある方とお話をしてて、お悩みを聞いてたんです。 […]