住宅改修

投稿日:

おはようございます。

 

先日の相談は住宅改修でした。

 

ケアマネは住宅改修するときに理由書を作りますが

これを作るときもアセスメントをしっかり行って

住宅改修が必要な理由を導き出さなければなりません。

 

先日うけた相談では

理由書作成前のアセスメントが十分にできておらず

なんとなく消化不良な、もやもやする感じがありました。

 

どういったところにもやったかというと

住宅改修の相談を受ける前に本人が居宅内で転倒しているんです。

ところが、本人が転倒した箇所には何もつけず

また、転倒した原因や

状態が解消されているかの記載もなく

担当者会議での検討もありませんでした。

 

結局、どこを住宅改修するのかというと

本人が言ったところのみ補修していると言う状況でした。

 

確かに本人の希望は大事です。

転倒した個所についても

きっと状況を把握して課題を出して

本人に提案していると思います。

 

しかし、その内容について

記録がなければ

検討していないのと一緒なんです。

 

「転倒」という分かりやすい状況があるとき

住宅改修などでその原因が解決に至らないとしても

必ず支援経過、アセスメント

担当者会議の検討内容などに残しておきましょう。

 

どれもアセスメントと記録が基本ですよ。

 

では、変な天気ですが

今日も元気にいきましょう!

 

関連記事

  • アセスメントは必須アセスメントは必須 おはようございます。こんな相談がありました。「短期目標の更新のときにア […]
  • まずは本人まずは本人 おはようございます。介護や福祉の仕事をしいてあるあるなのが、”本人より声の […]
  • アセスメントの記録アセスメントの記録 おはようございます。アセスメントの続きです。ケアマネは忙しい…というの […]
  • いつのアセスメント?いつのアセスメント? おはようございます。アセスメントの続きです。それはいつのアセスメント? […]
  • アセスメントをしましょうアセスメントをしましょう おはようございます。今日のタイトル見て「え?当たり前じゃん?」と、思った方 […]