再度 ショートの使い方

投稿日:

おはようございます。

 

先日、こんな質問がありました。

「ショートステイをロングで使っている。

今の施設で死ぬまで居たいので、施設入所の申し込みをしなくてもいいか?」

 

どう思いますか?

 

私の返事は

「ダメです。」

 

ケアマネジメントの流れでも書いたと思いますが

ショートステイは在宅サービスになります。

利用者の自立した日常生活の維持のために利用されるものです。

施設入所の代わりではなく、在宅に帰るため

在宅での生活をうまく継続できるようにするために利用します。

 

ショートで看取りまでするというのは

「自立した日常生活の維持のため」という利用目的から外れていますよね。

 

どうしても在宅に帰れなくてショートを利用している場合は、その理由を記録するとともに

適切な施設に入所できるように支援をしていかなければなりません。

 

また、これも何度か書いていますが、月のほとんどをショート先で過ごすが

数日だけ居宅に戻った時に福祉用具を利用している場合

ショート先にも居宅にもモニタリング訪問しなければなりません。

 

「でも、土日にしか帰ってこないから行けなくてもいいですか?」

と聞かれたら

これも、もちろん

「ダメです」

と答えます。

 

その行けない理由は、誰の理由ですか?

土曜日や日曜日が休みというのは利用者には関係ないので

やむを得ない理由には当てはまりません。

注意しておきましょう。

 

では、金曜日です。

あと一日、口角を上げていきましょう!

 

 

関連記事

  • 利用者目線で利用者目線で おはようございます。先日、ケアプランやアセスメントについていろいろ情報共有 […]
  • どこまで行っても根拠が大事どこまで行っても根拠が大事 おはようございます。この間、住宅改修とか福祉用具の利用が適切かどうかどうや […]
  • なんか矛先間違ってない?なんか矛先間違ってない? おはようございます。朝晩涼しくなりましたね。モズが鳴いたり、コオロギの声も […]
  • 介護保険の暫定利用介護保険の暫定利用 おはようございます。介護保険を使うためには介護保険を申請して認定調査を受け […]
  • テンプレートテンプレート おはようございます。 ケアマネの皆さん、ケアプランの書き方や […]