現状維持を目標としたプラン

投稿日:

おはようございます。


「アセスメントしなよ~。」
「ケアプランを変えていこうね。」

という話をすると、

「そんなに状態が変わらないんです。」

という返事をもらうことがあります。

また

「ケアプランって絶対に変えないといけないんですか?」

という質問もいただきます。


でね

そこを間違えちゃうと話がややこしくなるので
基本はおさえといてね。

ケアプランは変えるのではなく変わるもの

なんだってこと!

状態や状況などが変わってるから
アセスメントが変わり
ケアプランが変わっていくの。

”ケアプランを変えなくちゃいけない”
が、始まりではないんですよ。


「だって、状態の変わらない人いるんですよ。
そんなときはどうするんですか!」

と、怒り出す人も。(笑)


だから

アセスメントが必要なんです。

そのうえで

現状維持が悪いわけではない

ということです。

前にも言いましたよね。
ケアプランの根拠はアセスメント。
アセスメントに根拠があれば
現状維持のためのケアプランも可能です。

た・だ・し!

いつまでも同じってことはないですよ!

私たちだって
2年も3年も同じじゃないでしょ?

足腰も弱くなったり
物忘れも多くなったり
疲れやすくなったり
目が見えにくくなったりするでしょ。

そういった小さなピースを見つけて
アセスメントに入れていきましょう。

それを分析するとケアプランが変わります。

現状維持のケアプランがダメなわけじゃないけど

それは、アセスメントが不十分だから変わらないのか
それとも、しっかり見ているけれども
今は維持することが適切だからケアプランが変わらないのか。

そこをしっかり見極めましょう。


では、今日も張り切っていきましょう!

関連記事

  • 居宅の契約居宅の契約 おはようございます。この間、ネットの掲示板(介護分野)を読んでたら「居宅の […]
  • 月末のプラン作成月末のプラン作成 おはようございます。先週、面接できないアセスメントできな中で退院直後から介 […]
  • 退院前に面接できないとき退院前に面接できないとき おはようございます。新型コロナがまた増えている関係で入院中の利用者に会えな […]
  • 思い込みを捨てろ思い込みを捨てろ おはようございます。先日、テレビのワイドショーを見てました。(相変わらずの […]
  • 使ってみよう使ってみよう おはようございます。アセスメントの続きです。自分の作ったもの、記録した […]