違う角度から

投稿日:
きなこもちさんによる写真ACからの写真

 

おはようございます。


訪問看護推進協議会に行ってきました。

年に2回ほど開催されているのですが
今年度はご多分に漏れず
新型コロナウイルス感染予防のために今まで開催できず
今回が1回目の開催でした。

ここでは
香川県内の訪問看護ステーションが今何件くらいあるのかとか
昨年度や今年度の研修開催の様子
香川県訪問看護推進事業の内容など
普段にはしれない
訪問看護のあれこれを知ることができるので
とても楽しみにしている協議会なんです。

今回も昨年度の研修の話を聞いたり
今年度の状況を聞いたりしていました。

その中で面白い講師が。

特別講演に大阪の天王寺動物園の園長
牧慎一郎さんが
「天王寺動物園の挑戦
~園長のマネジメントの秘訣~」
と題してお話されたそうです。

この方、元文科省のキャリア官僚。

天王寺動物園園長の公募を見て転職した
異色の経歴の持ち主。

それまで入園者が伸びず
低迷していた天王寺動物園を改革し
V字回復させた立役者。

訪問看護とは縁もゆかりもない人を
どうして呼んできたのかというと
「同じ業界の話しか知らないのでは
今後の訪問看護の改革や発展がないと思ったので・・・。」
とのこと。

そういった視点って、今後の介護業界、医療業界に
ものすごく必要ですよね。


「違う角度から物事を見る。」

利用者のアセスメントやケアプランの作成もそうですし
経営などに関しても同じだと思います。

逆転の発想などと言われたりしますが
今まで見えなかった
見えていても認識していなかったもの
そこに注目することで物事が動き出すことがあります。

何事においても
いろんな角度から見て
「もしかすると・・・」
を、じっくり考えていきましょう。


では、今日も元気に行きましょう!

 

関連記事