医療と介護の連携2

投稿日:

おはようございます。

 

日曜日は「高松市在宅医療・介護連携推進事業 多職種連携研修会」でした。

今回も医療関係者、介護関係者が多数集まり、講演会とグループワークなどを行いました。

 

グループワークでは、短い時間ながら

①地域での連携の課題

②今後地域でどのように多職種連携を進めていくか?

という2点について検討しました。

 

私のグループには、薬剤師や病院のMSW、看護師や包括職員がいて

それぞれ困ったことや、「こんなことがあったよ」なんて、話をしました。

 

そこで病院の看護師やMSWから出てきたのが

「ケアマネさんが退院の時に病院へ聞き取りに来るけど、あれはどうしても直接聞きに来なくちゃいけないの?

書式も決まっているの?」

ということ。

 

「そうなんですよ。

一応厚労省のほうから、何と何について聞き取りなさいと言われてるんです。

そして、病院職員と面談し…となっているので、直接伺っているんです。」

と、返事しました。

 

病院の職員からは

「せっかく来てもらっても、担当の職員がいなくて十分に答えられないことがあって、気の毒だった。」

と、言われました。

 

そして

「できれば、先にFAXでもいいので用紙を送ってくれていれば、担当者が手の空いたときに記入しておきますよ。

それを取りに来た時に内容を確認して、足りなければ職員から聞き取りをしてくれればいいんですが。」

と言うんです。

 

そうか、そういう方法もあったか!!

 

それを言ってくれたのは、クワヤ病院の看護部長さん。

「いつもケアマネさんにはお世話になっているので、申し訳なく思ってるんです。

忙しくて十分に話ができないこともあるので、あらかじめ書式がわかっていると助かります。」

とのこと。

 

面接しないのはダメですが、病院側もとても忙しいようです。

相手方の都合も考えつつ、上手に連携が取れるようにしましょう。

 

では、今日も元気にいきましょう!

 

関連記事