メモとりのためのジェノグラム

投稿日:

おはようございます。

 

先日、あるところでジェノグラムとエコマップの研修をしてきました。

 

普段は相談を受けない人たちの研修だったたので

ほんとに簡単なところからお伝えしました。

 

以前にも書いたと思いますが

相談援助の仕事は相手の話を聞きながらメモを取らなくてはなりません。

その時に長い文章で書いていたのでは

なかなか相手の顔を見て話を聞くことができません。

 

そこで私は相手の話を聞きながら

家族関係図(ジェノグラム)を書いて

そこに必要な情報を書き出していくというやり方をしています。

 

私たちのところに来る相談者は

誰に何を相談していいのかわからない。

本当の困り事がわからないので

話しの要点をまとめて話すことができない。

そういった方が多く来られます。

 

話しがあちこちに飛んでいくこともあり

相談援助を仕事としている私たちでさえ

内容を整理するのがとても大変です。

長時間話を聞けば整理できるかというと

かえってややこしくなることもあります。

 

しかし、短時間でしっかりと話を整理していかないと

相手の困りごとを正確にとらえることができません。

 

なので、短時間でも相手の話をしっかりと聞き取り

まとめてしていくために

ジェノグラムやエコマップを使った聞き取りは非常に役立つんです。

 

ジェノグラムはアセスメントツールの1つです。

これを十分に活用し、問題を可視化することによって

本当の困りごとを早く、正確に分析することができます。

また、文章も短くて済みますので

後で見返すのも楽になります。

 

今回の研修では架空の事例を用いて

実際にジェノグラムを書く練習もしてもらいました。

基本を少し伝えただけで

誰でもすぐに書けるというのも

このツールのいいところです。

 

ただしこのジェノグラム

まだ「これが正しい」という書き方は決まっていません。

絶対にこうでなければならないという書き方はありませんが

ある程度のルールを決めておいた方が他の人にも説明しやすいですし

誰が見てもすぐわかるようになります。

 

今回の研修で使った資料は

私なりのルールを整理して書いているものです。

サイトにくっつけておきますので

ご自由にお使いください。

これ以外の書き方もあると思いますが

その方の好みで使い分けていただければと思います。

ジェノグラム サムネイル画像
『ジェノグラム』をダウンロード

 

今日もいい天気です。

後一日、張り切っていきましょう!

 

関連記事